• OFF
  • ON
シークレットモード
東池袋大勝軒 心の味(あさ出版電子書籍)

東池袋大勝軒 心の味(あさ出版電子書籍)

作者: 山岸一雄

価格 1,375(税込)
獲得ぷららポイント 13 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容


はじめに ラーメンは私の一部

●第1章 ラーメンとの出会いから行列店になるまで 導かれるようにラーメンの道へ
・父親の背中を見て学んだ仕事に取り組む姿勢
・従兄弟の兄貴に導かれラーメンの道へ
・つけ麺はこうして生まれた
・運命の悪戯で東池袋に「大勝軒」オープン
・独立間もなく行列店へ

●第2章 数々の試練、絶望、そして復活 お客さんの「声」でよみがえる
・突然、襲ってきた病魔
・最愛の女房との突然の別れ
・お客さんの声に後押しされ再開

●第3章 味はすべてを物語る ラーメンはつくり手の「心」の味
・ラーメン一筋六十年
・成功するかどうかは運不運が多分にある
・真似するだけでは、ホンモノは生まれない
・ラーメンはデリケートな食べ物
・素材を活かしてこそ真の料理人
・豚ガラ、鶏ガラ、人柄
・自分も店の大事なお客の一人
・人間の潜在能力は無限にある
・注意力を養い商売に活かす
・真面目に生きている人間は強い
・努力がなければ、成功も喜びもない

●第4章 真の教育とは 弟子たちは「技術」と「心」を学んでいく
・弟子をとるようになった理由
・チャンスは誰にでもある
・私のノウハウを活かすも殺すも弟子次第
・大切なのは「心」の教育
・修行が足りないからケンカになる
・褒めるポイント、叱るルール
・伸びる弟子は仕事に取り組む姿勢が違う
・不安と期待をもって卒業していく弟子たち
・悩み苦しんだ分だけ味にプラスされる
・日本全国に飛び立っていった弟子たち
・個性豊かな弟子たち
・弟子たちの活躍が自分のパワーの源

●第5章 お客さんに感謝を込めて 東池袋「大勝軒」はお客さんの応援で成り立つ店
・最高のスパイスはお客さんへの感謝の気持ち
・自分で出前をやってくれるお客さん
・自分で器を下げてくれるお客さん
・何度も食べに来てくれるお客さん
・電話をしてくれるお客さん
・お客さんに恵まれたから今がある
・ブランドはお客さんがつくるもの
・ラーメン業界は愉快な人たちの集まり

●第6章 現役引退、大勝軒の閉店、そして今── 「ラーメン一筋六十年」の人生を振り返って
・現役引退を決意した日
・最後の日を迎えた東池袋「大勝軒」
・三百人の弟子という大家族に囲まれて
・「麺絆」──ラーメンづくりは絆づくり
・直営店舗・大勝軒のれん会全国加盟店一覧

●著者 山岸一雄+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
掲載雑誌
レーベル名 あさ出版電子書籍
シリーズ
電子版発売日 2013/12/27
紙の本発売日 2012/06/12 ( 2010年代 )
ページ数: P207
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

あさ出版電子書籍の関連作品

エッセイ・ノンフィクションのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間