• OFF
  • ON
シークレットモード
考える人とおめでたい人はどちらが幸せか 世の中をより良く生きるための哲学入門

考える人とおめでたい人はどちらが幸せか 世の中をより良く生きるための哲学入門

作者: シャルル・ペパン / 永田千奈

価格 1,496(税込)
獲得ぷららポイント 14 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

「不幸」を乗り越え、「これから」を生き抜く力をくれる、1週間の実践的哲学入門。

ロダンの「考える人」はどうみても幸せそうではありません。その体は不安の重圧に折れ曲がっています。
「考える人」というより、「悩む人」といったほうがいいかもしれません。
これとは対極にあるのが、いわゆる「おめでたい人(幸福な愚者)」です。
何の疑問も抱かず、手の届く範囲の人生に満足し、ちょっとした冗談や、ビール、肘掛け椅子があれば充分に幸せそうな人。
結局、どちらが幸福な人生を送れるのでしょう?(本書冒頭より)

考えることは苦しい。
周囲の「おめでたい人」「能天気な人」のほうが楽しそうだし、人生を謳歌しているように見える。
「考える人」になることで幸せになれるわけでもない。
ならば、「考える」ことに、どんな意味があるのだろう?
月曜日のこの問いに始まり、「たとえ悪法でも絶対に守るべきか?」(火曜日)
「なぜ私たちは美しいものに惹かれるのか?」(水曜日)
「どうして学校に行かなければならないのか?」(木曜日)
「神を信じるべきか?」(金曜日)
「民主制は本当に最良の政治制度か?」(土曜日)
「幸せな死はあるのか?」(日曜日)の7つの問いに答えながら、「考えるとはどういうことか」、本書が身をもって示します。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2013/12/27
紙の本発売日 2013/06/26 ( 2010年代 )
ページ数: P280
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 5話配信

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間