血涙(下) 新楊家将(ようかしょう)
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

血涙(下) 新楊家将(ようかしょう)

通常価格 ¥600(税込)
通常ポイント 6PT
作者 北方謙三
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2013/03/08
ジャンル 書籍 > 歴史

商品の評価

5.0

(1)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

血涙(下) 新楊家将(ようかしょう)の商品説明:

闘うことでしか生きられない者たちに勝敗を決する秋が来た。楊家の男の証である「吹毛剣」を手に戦う六郎に、父楊業の魂が乗り移る。その剣に打たれたとき、遼国の名将・石幻果の記憶がにわかに蘇る。遼国に忽然と現われたこの男は、かつて宋遼戦で落馬し、記憶を失い、遼国に連れ去られた北平寨の将だった。過去を取り戻した石幻果は二つの人生を抱えてしまった運命を呪い、苦悩する。そんな石幻果に今を生きることを決意させたのは、父とも慕う耶律休哥である。一方、戦場で石幻果と出逢った六郎も、石幻果に既視感を覚える。不安を抱きつつ石幻果に近づく六郎。予感は的中した。運命に弄ばれる男たちの哀しみを描く慟哭の終章。綾なす人々の憎悪と哀しみが交錯する衝撃の結末。乱世の終わりを彩る壮絶な物語が、今静かに幕を降ろす。『水滸伝』に登場する青面獣楊志、楊令が佩く宝刀との奇しき因縁も明らかになる「北方楊家将」完結編。解説は森福都氏。

SNS:
レーベル名 PHP文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2009/04/01
ページ数: P416
ISBN番号 9784569671949

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全2巻

みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く

見事なラストでしたさすが北方謙三でした、耶律休哥、石幻果、名将の最後読んでいて辛かったけど読んでよかった作品でした。

  1. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品 20%OFFキャンペーン BL作品限定! クーポン利用で10%OFFキャンペーン