• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ぷらら pirkaオリジナルBL単行本発売&30%OFFクーポン 8/2まで
「クラウド化」と「ビッグデータ活用」はなぜ進まないのか?

「クラウド化」と「ビッグデータ活用」はなぜ進まないのか?

作者: 柴田英寿

価格 1,408(税込)
獲得ぷららポイント 14 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

クラウド+データで個人情報経済がやってくる!
■今注目を集めるビッグデータも、役に立っているものはどれだけあるのか。
■クラウド・コンピューティング(以下、クラウド)は社会を変えるインパクトをもつといわれながら、その実力を発揮し切れていない。
2つを生かすカギは、
●「データを囲い込まないこと」
●「個人情報を守る」
これが本書の答えだ――
企業は取得した顧客情報(データ)を囲い込むのは、常識。
しかし、その情報は誰のものだろうか。企業のものだろうか。顧客のものだろうか。
例えば、好み、購買履歴、洋服や靴のサイズをオープンにして、誰でもアクセスできるようになったら、……。
他の企業がその情報をもとに、もっとよいサービス・製品を提案してくるはずだ。
企業にとっては競争が増すことを意味するが、生活者のプロフィットが増えていく。
もちろん、個人の情報を勝手に公開して欲しくはない。
しかし、情報公開のルールとセキュリティが確立されてたら、問題ないはずだ。
「ビッグデータ」の中の「個」(個人)のデータ活用・公開が進むとやってくるのは、個人情報経済だ。
情報をもとに、あらたなビジネスが誕生したり、情報そのものを売買する世界がやってくる。
本書は、「ビッグデータ」と「クラウド」を切り口に、近い将来やってくる刺激的な世界を提示している。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2013/02/01
紙の本発売日 2012/12/20 ( 2010年代 )
ページ数: P232
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ぷらら 「私がモテてどうすんだ」のひかりTVブック単独キャンペーン 7/19まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間