• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ぷらら pirkaオリジナルBL単行本発売&30%OFFクーポン 8/2まで
パナソニックは終わるのか

パナソニックは終わるのか

作者: 奥村宏

価格 1,584(税込)
獲得ぷららポイント 15 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

生き残る道は解体のみ! 大企業の“ものづくり”は終わるのか!――
なぜ創業以来の危機に陥っているのか。なぜ「普通の会社ではない」のか。会社学の視点から解明する。
パナソニックは日本の代表的大企業であると同時に、その経営スタイルは非常にユニークで、他の大企業にない特色を持っていた。しかし、いま、パナソニックは創業以来の危機に陥っている。
本書では、パナソニックを、「会社学」の見地から理論的、歴史的にとらえ、今後のあり方=解体論について論じる。
同時にユニークさの源泉といえる創業者である松下幸之助の「水道哲学」や「PHP哲学」について、そのもつ意味を解明するとともに、会社が大きくなるに連れて、それが果たしていく役割が変遷していったことを具体的に説明していく。
また、ソニーやシャープ、そして日立や東芝と対比して、この会社の特色を明らかにする。三洋電機との関係についても歴史的に解明する。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2013/02/01
紙の本発売日 2012/12/27 ( 2010年代 )
ページ数: P240
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ぷらら 「私がモテてどうすんだ」のひかりTVブック単独キャンペーン 7/19まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間