子供の哲学 産まれるものとしての身体
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

子供の哲学 産まれるものとしての身体

通常価格 ¥1458(税込)
通常ポイント 14PT
作者 檜垣立哉
出版社 講談社
電子版発売日 2013/01/18
ジャンル 書籍 > 哲学

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

子供の哲学 産まれるものとしての身体の商品説明:

西田幾多郎、レヴィナス、ドゥルーズ……その思考のあらたな可能性これまでの哲学が再三にわたって論じてきた「私」という問題。しかしそこには、大きな見落としがあったのではないか?産まれる、子をはらむ、産む、死んでいく、だけど誰かが残る。こうしたことを、それ自身として真正面からとらえる。そのための哲学が、ここからはじまる。(講談社選書メチエ)

SNS:
レーベル名 講談社選書メチエ
掲載誌名
紙の本発売日 2012/11/08
ページ数: P224
ISBN番号 9784062585415
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
子供の哲学 産まれるものとしての身体へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品 20%OFFキャンペーン BL作品限定! クーポン利用で10%OFFキャンペーン