ひかりTVブック ひかりTVの電子書籍サービス


  • OFF
  • ON
シークレットモード
戦略としてのブランド 「コンセプト」×「オペレーション」×「組織」でつくる成功の方程式
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

戦略としてのブランド 「コンセプト」×「オペレーション」×「組織」でつくる成功の方程式

通常価格 ¥2073(税込)
ぷららポイント 20PT
作者 鬼頭孝幸
出版社 東洋経済新報社
電子版発売日 2013/01/11
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

戦略としてのブランド 「コンセプト」×「オペレーション」×「組織」でつくる成功の方程式の商品説明:

なぜソニー、パナソニックは、アップル、サムスンに負けたのか?
なぜP&Gやネスレに並ぶ日本ブランドが育っていないのか?
気鋭の戦略コンサルタントが
グローバルで勝てるブランドをつくるための
6つのパターンと7つの処方箋を詳説
ブランドづくりは成長戦略とその実行そのものである。
世界で勝てるブランドをいかにつくるか。
新たな「成功の方程式」「勝ちパターン」のあり方が
海外企業、また奮闘する日本企業の事例から学べる。
グローバルで勝てるブランドをつくる6つのパターン
ハイプレステージ型:エルメス、フェラーリ、ドゥ・ラ・メール・・・
プロダクトアウト型:アップル、レッドブル、デル・・・
グローバルメガブランド型:P&G、ロレアル・・・
グローバルストアブランド型:ZARA、H&M・・・
コーポレートブランド型:サムスン、LG、フォルクスワーゲン・・・
マルチローカルブランド型:ネスレ、アンハイザー・ブッシュ・インベブ・・・
グローバルで勝てるブランドをつくる7つの処方箋
処方箋1.グローバル市場をよく知る
処方箋2.明快なビジョンをつくり共有する
処方箋3.勝負する領域を選択し、「戦い方」を考える
処方箋4.ブランドポジショニングを定義する
処方箋5.自社の「勝ちパターン」をつくる
処方箋6.価値創出バリューチェーンをつくる
処方箋7.コンセプト/オペレーションを動かす組織体制、仕組みを整える

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2012/10/23
ページ数: P274
ISBN番号 9784492557211
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
戦略としてのブランド 「コンセプト」×「オペレーション」×「組織」でつくる成功の方程式へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ