• OFF
  • ON
シークレットモード
GANTZなSF映画論
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

GANTZなSF映画論

通常価格 ¥680(税込)
ぷららポイント 6PT
作者 奥浩哉
出版社 集英社
電子版発売日 2015/11/05
ジャンル ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー

商品の評価

5.0

(1)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

GANTZなSF映画論の商品説明:

漫画家・奥浩哉にとって、SF映画は自身の創作に大きな影響を与えるものである。本書では、クリエーターとしてインパクトを受けた名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などの超メジャー映画からマイナーB級映画まで、約100作品を紹介。脚本力や演出力とは何か、キャラクター論、コミックス原作映画への思い、漫画家から見たカメラワークや構図、CG制作・美術デザインにいたるまで、独自の視点でおおいに語る!【目次】序章 漫画家が映画を語る理由/第一章 脚本力と設定力を楽しむ!/第二章 超私的「キャラクター」論/第三章 名シーンのつくられ方/第四章 アニメと漫画と映画の関係/第五章 美術デザインを愛でる映画/第六章 CGとSF映画の今昔物語/あとがき/掲載映画一覧

レーベル名 集英社新書
掲載誌名
紙の本発売日 2012/05/10
ページ数: P192
ISBN番号 9784087206418
よく一緒に購入されている商品
GANTZなSF映画論
¥680
6PT

  • ¥605
    120PT(ポイント20倍)
  • ¥713
    7PT

チェックした商品をカートへ入れる

合計価格:¥0,000

みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
SF映画愛
亀岡さん
投稿日: 2013/08/25

GANTZの著者が、そのSF映画遍歴を披露しつつ、SF映画愛を語ります。ぐろいものも好きだったりして、GANTZの世界観の素が理解できる気がしますよ。

  1. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ