• OFF
  • ON
シークレットモード
ガガガ文庫 下ネタという概念が存在しない退屈な世界
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

バナナは下ネタに入りますか?

ガガガ文庫 下ネタという概念が存在しない退屈な世界

通常価格 ¥324(税込)
ぷららポイント 3PT
作者 赤城大空 / 霜月えいと
出版社 小学館
電子版発売日 2012/11/22
ジャンル ラノベ(ライトノベル) > ラノベ(ライトノベル)

商品の評価

5.0

(2)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

ガガガ文庫 下ネタという概念が存在しない退屈な世界の商品説明:

バナナは下ネタに入りますか?

「お●んぽおおおおおおおおおおぉ!!」
 少女は叫びながら走り出した。
 その瞬間、ぼくはすっころんだ。

 駅のホームに立つすべての人の視線が、バスタオル1枚に身を包んだ彼女に注がれる。

「だ、誰かあの人を止めてください!」

 駅員の制止をものともせず、卑猥な単語とイラストを撒き散らし、暴風のように去っていった彼女。彼女のその行為によって、無実の罪を受けそうになったぼくは救われたのだが……。
「大丈夫か? あれ」


 16年前の「公序良俗健全育成法」成立により、国民から粗暴な言葉が喪われた時代。国内有数の風紀優良校に入学した主人公・奥間狸吉(おくま・たぬきち)は、入学早々、反社会的組織「SOX」の創設者・華城綾女(かじょう・あやめ)から勧誘を受ける。弱みを握られ「SOX」のメンバーとなった狸吉は、憧れの存在である八面玲瓏な生徒会長・アンナの裏をかく下ネタテロに協力することになるのだが……! そこはプリズン? それとも、ハーレム?

『週刊少年サンデー』大好評連載中「ハヤテのごとく!」の畑 健二郎先生が審査員を務めた「第6回小学館ライトノベル大賞」にて、優秀賞を受賞したノンストップYトークコメディ!

※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

レーベル名 ガガガ文庫
掲載誌名
紙の本発売日
ページ数:  

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全12巻

みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く

何を書いても「卑猥な表現」でレビューガイドライン違反を取られてしまいそう、ではあるのですが、そういう社会が最後にどこに行き着くかを示した思考実験小説です。 青少...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ