• OFF
  • ON
シークレットモード
蟹工船 一九二八・三・一五

蟹工船 一九二八・三・一五

作者: 小林多喜二

価格 660(税込)
獲得ぷららポイント 6 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

おい地獄さえぐんだで−函館から出港する漁夫の方言に始まる「蟹工船」。小樽署の壁の日本共産党万歳! の落書に終わる「三・一五」。小林多喜二(1903−1933)25歳のときの2作は、地方性と党派性にもかかわらず思想評価をのりこえプロレタリア文学の古典となった。搾取と労働、組織と個人。歴史は未だ答えず。[解説=蔵原惟人]+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 岩波文庫
シリーズ
電子版発売日 2012/11/22
紙の本発売日 2003/06/13 ( 2000年代 )
ページ数: P274
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

岩波文庫の関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間