• OFF
  • ON
シークレットモード
心の情報処理能力を向上させるための方法第2版
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

心の情報処理能力を向上させるための方法第2版

通常価格 ¥359(税込)
ぷららポイント 3PT
作者 加藤大治
出版社 パレード
電子版発売日 2012/11/22
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

心の情報処理能力を向上させるための方法第2版の商品説明:

「情報=形」、「心の情報処理特性:可塑性、自動化、随伴性」、「随意運動」、「触運動覚」、「視覚と触運動覚の連動」、「身体イメージ」、「発声−聴覚系」を使って、心の情報処理能力(イメージ力、記憶力、表現力、思考力、理解力、集中力、想像力、連想力、学習能力、判断力……)を向上させよう(基礎編)
著者自身が、何年も試行錯誤を重ね、開発してきた情報処理の方法をわかりやすく紹介した第2弾!
「情報は形・構造」「情報処理システムは情報処理をした回路を残す」など……前作より章を増やしてより詳しく解説!!
記憶術などの能力開発に成果が感じられない方におすすめの1冊!
この本には次のようなアイデアが書いてあります。
●アイデア1
「情報は形・構造である」
●アイデア2−1
「情報処理システムは情報処理をした回路を残す。丁寧に情報処理をすれば、精密で鮮明な情報処理をする回路を残せる」
●アイデア2−2
「情報処理は反復して行うと自動化する。反復して丁寧に情報処理をすれば、自動的に精密で鮮明な情報処理を行ってくれる回路をつくれる」
●アイデア2−3
「複数の情報処理を同時にまたは連続に行うと、それら複数の情報処理が連合されて誘発する/誘発されるようになる」
●アイデア3
「随意運動は、意志により動かせる身体運動であり、意志により動かせる情報処理である。随意運動を使えば、主体的に情報処理を行える」
●アイデア4
「触運動覚は随意運動である。触運動覚で、随意的に情報(手で触れる形・構造)を把握、操作、表現できる」
●アイデア5
「触運動覚で、視覚情報(形)を読み取れる。また触運動覚で、疑似視覚情報をつくり出せる。触運動覚

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2012/03/30
ページ数: P106
ISBN番号 9784434165719
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
心の情報処理能力を向上させるための方法第2版へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ