• OFF
  • ON
シークレットモード

東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと

通常価格 ¥882(税込)
ぷららポイント 8PT
作者 菅直人
出版社 幻冬舎
電子版発売日 2012/11/16
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

東電福島原発事故 総理大臣として考えたことの商品説明:

3月11日14時46分。地震発生後、私は官邸地下の危機管理センターへ直行した。被災者救助に各方面が動き出す中、「福島第一原発、冷却機能停止」の報せが届く。その後、事故は拡大の一途をたどった。――このままでは国が崩壊する。いつしか私は、原子炉すべてが制御不能に陥り、首都圏を含む東日本の数千万人が避難する最悪のシミュレーションをしていた……。原発の有事に対応できない法制度、日本の構造的な諸問題が表面化する中、首相として何をどう決断したか。最高責任者の苦悩と覚悟を綴った歴史的証言。

レーベル名 幻冬舎新書
掲載誌名
紙の本発売日 2012/10/26
ページ数:  
ISBN番号 9784344982840
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
東電福島原発事故 総理大臣として考えたことへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ