• OFF
  • ON
シークレットモード
デフレと円高の何が「悪」か
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

デフレと円高の何が「悪」か

通常価格 ¥616(税込)
ぷららポイント 6PT
作者 上念司
出版社 光文社
電子版発売日 2012/11/09
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • 試し読みにはひかりTVブックアプリが必要です。アプリダウンロードはこちら

デフレと円高の何が「悪」かの商品説明:

日本の長期停滞の原因――デフレ。経済は、モノとお金のバランスによって成り立つが、お金の供給を長いこと怠ると、そのバランスが崩れ、お金が極端に不足する。すると、人々はモノよりもお金を欲しがる“逆バブル”が発生する。これがデフレである。モノの値段が下がり続けると我々の生活はどうなるのか。日本が長期停滞から抜け出すには? 勝間和代氏の共同事業パートナーである著者が、経済学の知見に基づき分かりやすく解説。【光文社新書】

レーベル名 光文社新書
掲載誌名
紙の本発売日
ページ数: P226
ISBN番号 9784334035433
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
デフレと円高の何が「悪」かへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ