• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
鬼平犯科帳(二十四)

鬼平犯科帳(二十四)

作者: 池波正太郎

価格 468(税込)
獲得ぷららポイント 4 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

風が鳴った。平蔵は愛刀の鯉口を切る。雪か? 闇の中に刃と刃が噛み合って火花が散った──。 著者の逝去によって「鬼平」シリーズ最終作品となった未完の長篇〈誘拐〉。そのほか、おまさ・お熊が活躍し、平蔵の腹違いの妹・お園の婚礼も登場する女づくしの「女密偵女賊」。おまさの亭主と同名の五郎蔵が役宅の髪結いに。緊張感あふれるなかにも、どこかユーモラスな「ふたり五郎蔵」を収録。また一巻目から読み返したくなる、充実の最終巻!+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 歴史・時代小説
掲載雑誌
レーベル名 文春文庫
シリーズ 鬼平犯科帳 関連シリーズ > 鬼平犯科帳
電子版発売日 2012/11/03
紙の本発売日 2001/02/10 ( 2000年代 )
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • PayPayオンラインジャンボキャンペーン 3/28まで

作者の他作品

文春文庫の関連作品

歴史・時代小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間