大飯原発再稼働 暗闇から明日が見えるか 立地県紙・福井新聞の論説
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

大飯原発再稼働 暗闇から明日が見えるか 立地県紙・福井新聞の論説

通常価格 ¥648(税込)
通常ポイント 6PT
作者 福井新聞社
出版社 福井新聞社
電子版発売日 2012/10/26
ジャンル 書籍 > 社会

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

大飯原発再稼働 暗闇から明日が見えるか 立地県紙・福井新聞の論説の商品説明:

日本の国論を二分した原発再稼働問題は2012年7月1日、大飯3号機の原子炉起動で、新しい局面に入った。「国策」としての原発と40年以上にわたり向き合ってきた福井県は政府の場当たり的対応に振り回された。福井新聞は「見据えるべきは『国家論』の前にまず『地域論』である」と、立地県紙の視点で、再稼働問題の本質に迫ろうと論じてきた。2011年3月11日の東日本大震災、福島原発事故から大飯3号機起動までの論説を1冊にまとめた。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日
ページ数:  
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
大飯原発再稼働 暗闇から明日が見えるか 立地県紙・福井新聞の論説へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品 20%OFFキャンペーン BL作品限定! クーポン利用で10%OFFキャンペーン