子どもはいのちという原点から 不登校、これまでとこれから
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

子どもはいのちという原点から 不登校、これまでとこれから

通常価格 ¥822(税込)
通常ポイント 8PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

子どもはいのちという原点から 不登校、これまでとこれからの商品説明:

1990年に親や市民の手で立ち上がって、登校拒否・不登校を考える全国ネットワークの1泊2日の2009年夏の記録集。代表理事の奥地圭子(東京シューレ主宰)の20年を振り返る講演、評論家の芹沢俊介氏による「存在論的ひきこもり論」、体験した親のシンポジウム、山下英三郎氏(スクールソーシャルワーク)、内田良子(カウンセラー)、喜多明人(子どもの権利条約、早稲田大学教授)シンポジウムなど。不登校を知りたい親や関係者の入門書です。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日
ページ数:  
ISBN番号 9784903192154
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
子どもはいのちという原点から 不登校、これまでとこれからへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


ひかりTVブック5周年記念第1弾