ガガガ文庫 とある飛空士への夜想曲 下
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

海猫と魔犬、空の王となるのは果たして!?

ガガガ文庫 とある飛空士への夜想曲 下

通常価格 ¥378(税込)
通常ポイント 3PT
作者 犬村小六 / 森沢晴行
出版社 小学館
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > 文芸

商品の評価

4.0

(2)

2件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

ガガガ文庫 とある飛空士への夜想曲 下の商品説明:

海猫と魔犬、空の王となるのは果たして!?

世界初の空母同士の決戦となった、帝政天ツ上(あまつかみ)と神聖レヴァーム皇国の「ヴィクトリア海海戦」。天ツ上の圧勝に終わったこの戦いを終えてもなお、千々石武夫(ちぢわ・たけお)の胸の靄は晴れなかった。「出てこい、海猫」蓄音機から流れる水守美空の歌声さえも、好敵手とのシミュレーションのBGMとなる。

 しかし、新しい海軍司令官・猛将バルドーのもと、着々と戦力を増していたレヴァーム軍は、「エスト・ミランダ沖海戦」にてその真価を発揮させた。次々に墜とされてゆく味方機に復讐を誓い、敵機を探す千々石。そのとき――。ぞくり。千々石の全身が総毛立つ。華麗な邀撃を続けるアイレス4の、やや未熟に思える宙返り。この軌道は……イスマエルターン――!?
 ついに両雄、相まみえる!!

『新世紀エンタメ白書2009』ブックランキング1位、2008年Amazonエディターランキング1位、2008年Amazon売り上げランキング6位、2009大学読書人大賞2位など、すばらしい評価を受け続け、単行本化もされた『とある飛空士への追憶』。その舞台となった中央海戦争の顛末を描く、新たなる恋と空戦の物語。「夜想曲」完結!!

※※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

SNS:
レーベル名 ガガガ文庫
掲載誌名
紙の本発売日
ページ数:  

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全2巻

みんなのレビュー

レビュー数: 2件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
面白い。しかし
bjsmithさん
投稿日: 2013/03/01

このシリーズは毎回うまくまとまっていて面白いです。しかし、いつまで続くのでしょうか?毎回出るのが楽しみではあるのですが、風呂敷を広げすぎて収拾がつかなくなりそう...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
読むべき
wrgregre21さん
投稿日: 2013/03/31

上下巻なので上巻を読んだ方は読んだ方は当然読むでしょうが、読んでない方もいますぐ上巻、下巻ともに買って読み始めてください。 それほどの作品です。

  1. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品 20%OFFキャンペーン BL作品限定! クーポン利用で10%OFFキャンペーン