• OFF
  • ON
シークレットモード
冗舌な死者8 愛という名の迷宮

冗舌な死者8 愛という名の迷宮

作者: 矢月秀作

価格 110(税込)
獲得ぷららポイント 1 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

朋子は、テーブルに置いていたグラスに手を伸ばした。そのグラスには、ウイスキーがなみなみと注がれていた。 中には、まっさらのタバコが一箱分、漬け込まれている。溶け出したニコチンが、澄んだ琥珀色の液体を、茶黒い汁に変えていた。「あなたの幸せを祈ってるわ。乾杯」 朋子は、グラスを口元に近づけた。異臭が鼻を突く。しかし、朋子はたじろぐことなく、ニコチンの絞り汁を喉へ流し込んだ。「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠らせてあげることだ」 千葉圭一郎の言葉に感銘を受け、監察医になった栗山玲奈。東京都監察医務院中野分室の解剖台の上にある遺体は、彼女になにを語りかけるのか。 新進気鋭のミステリ作家、矢月秀作の手による、本格ミステリー。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > ミステリー
掲載雑誌
レーベル名 マイカ文庫
シリーズ 冗舌な死者 関連シリーズ > 冗舌な死者≪分冊版≫
電子版発売日 2012/10/19
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

マイカ文庫の関連作品

ミステリーのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間