• OFF
  • ON
シークレットモード

4角川2003 一覧

18/全8

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 小説 Fukushima 50 小説 Fukushima 50 小説・文芸 > 文芸小説
    704(税込)

    作品内容

    2011.3.11 未曾有の大震災の中、福島第一原発に残り、メルトダウンを食い止めるために戦った名もなき作業員たちがいた。彼らには、想う人たちがいた。オリジナルエピソードも描かれる迫真の小説版
  2. 蒼海に消ゆ 祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯 蒼海に消ゆ 祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    748(税込)

    作品内容

    米・サクラメントに生まれ、「日本は戦争に負ける。でも、俺は日本の後輩のために死ぬんだ」と言い残して死んだ松藤少尉。生前の松藤を知る一人ひとりを訪ね歩き、その生涯に迫った感動の歴史ノンフィクション...
  3. 慟哭の海峡(角川文庫) 慟哭の海峡 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    968(税込)

    作品内容

    2013年10月、2人の老人が死んだ。<br><br>1人は大正8年生まれの94歳、もう1人はふたつ下の92歳だった。2人は互いに会ったこともなければ、お互いを意識したこともない。まったく別々の...
  4. あの一瞬 アスリートが奇跡を起こす「時」 あの一瞬 アスリートが奇跡を起こす「時」 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    968(税込)

    作品内容

    瀬古利彦、サッカー日本代表、遠藤純男、ファイティング原田、新日鉄釜石、明徳義塾……。さまざまな競技から歴史に残る名勝負を選りすぐり、勝敗を分けた「あの一瞬」に至るまでの心の奇跡を描きだす。<br...
  5. 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    924(税込)

    作品内容

    2011年3月、日本は「死の淵」に立った。福島県浜通りを襲った大津波は、福島第一原発の原子炉を暴走させた。日本が「三分割」されるという中で、使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いを展開した男たちがい...
  6. 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発【映画カバー版】 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発【映画カバー版】 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    924(税込)

    作品内容

    2011年3月、日本は「死の淵」に立った。福島県浜通りを襲った大津波は、福島第一原発の原子炉を暴走させた。日本が「三分割」されるという中で、使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いを展開した男たちがい...
  7. 記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞(角川文庫) 記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    968(税込)

    作品内容

    2011年3月11日、一人の新聞記者が死んだ。福島民友新聞記者、熊田由貴生、享年24。福島県南相馬市で津波の最前線で取材をしていた熊田記者は、自分の命と引きかえに地元の人間の命を救った。その死は...
  8. この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡 この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡 小説・文芸 > 文芸小説
    748(税込)

    作品内容

    中国国民党と毛沢東率いる共産党との「国共内戦」。金門島まで追い込まれた蒋介石を助けるべく、海を渡った日本人がいた―。台湾を救った陸軍中将の奇跡を辿ったノンフィクション。第19回山本七平賞受賞。