• OFF
  • ON
シークレットモード
販売状況

解除

掲載雑誌
レーベル

解除

出版社で絞り込む

解除

著者で絞り込む

解除

もっと見る

ジャンルで絞り込む

解除

もっと見る

紙の本発売年代

解除

年~
完結

解除

「私はできる 創元社」電子書籍の検索結果

全36点

  1. 私はできる 決意の言葉で人生を変える方法 ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康 私はできる 決意の言葉で人生を変える方法 B・スイートランド / 創元社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    どうすれば自分は変われるのか。どうすれば人生を豊かにできるのか。誰もが抱くこの問いに、著者は信念の言葉を持つことだと説く。願望の言葉を並べ立てるのではなく、「私はできる」という決意の言葉を打ち立...
  2. 不確かさの中を 私の心理療法を求めて ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 不確かさの中を 私の心理療法を求めて 神田橋條治 / 滝口俊子 / 創元社
    1,728
    0
    (0)
    0件
    <b>※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</...
  3. 私と西洋史研究 歴史家の役割 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 私と西洋史研究 歴史家の役割 川北稔 / 玉木俊明 / 創元社
    2,700
    0
    (0)
    0件
    <b>※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</...
  4. 私たち、戦争人間について 愛と平和主義の限界に関する考察 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 私たち、戦争人間について 愛と平和主義の限界に関する考察 石川明人 / 創元社
    1,620
    0
    (0)
    0件
    「戦争はなぜ起きるのか」「戦争の原因は何か」という問いを糸口に、戦争に対するさまざまな見方を、宗教学者でもある著者が、スリリングに読み解いていく、入門書としても手に取りやすい、戦争論エッセー。戦...
  5. 喜劇としての国際ビジネス 私が出会った〈一流〉という名の怪優たち 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション 喜劇としての国際ビジネス 私が出会った〈一流〉という名の怪優たち ダニエル・レヴィン / 松田和也 / 創元社
    1,944
    0
    (0)
    0件
    ドバイ・国連・アンゴラ・セネガル・ロシア・中国など、文字通り世界中を股にかけて活躍する法律家が、過去20年の間に経験した、あり得ない話が満載の実話集。権力者およびその取り巻きの肥大した虚像が剥が...
  6. 私はやる 自分の中のありあまる富を発見する方法 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 私はやる 自分の中のありあまる富を発見する方法 B・スイートランド / 桑名一央 / 創元社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    人は何のために生きるのか。著者は、創造することこそ生きることであり、自分にとって価値あるものを作り上げることだという。それは失敗を恐れず人生を成功に導くための旅にたとえられる。旅すなわち成功によ...
  7. 3つの自分で人づきあいがラクになる エゴグラムで見える本当の私 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 3つの自分で人づきあいがラクになる エゴグラムで見える本当の私 杉田峰康 / 創元社
    1,512
    0
    (0)
    0件
    人づきあいの悩みや問題が生じた時には、少し間をおいて今までとは違うテクニックを用いると、驚くほど対人関係がラクになることがある。交流分析の第一人者が、こじれる人間関係のからくりを説き、解決策を紹...
  8. 蒼志馬博士の不可思議な犯罪 小説・文芸 > ミステリー 蒼志馬博士の不可思議な犯罪 山口芳宏 / 東京創元社
    648
    0
    (0)
    0件
    私は殿島直紀、弁護士である。今にして思えば、私の事務所の隣に住む綾子が姿を消したことが事件の発端だった。いっしょに暮らしていた孤児たち四人を残して消えた綾子。私が密かに思いを寄せていた彼女は、姿...
  9. 流砂 小説・文芸 > ミステリー 流砂 ヘニング・マンケル / 柳沢由実子 / 東京創元社
    2,399
    0
    (0)
    0件
    これが私の生きる条件を変えた十日間の真実である。流砂は地獄への穴だが、私はなんとかそれに嵌らなくて済んだ。――がんの告知を受けた北欧ミステリの帝王マンケルは何を思い、押し寄せる絶望といかに闘った...
  10. 遺跡の声 小説・文芸 > SF・ファンタジー 遺跡の声 堀晃 / 東京創元社
    594
    0
    (0)
    0件
    その恒星系に浮かぶ無人観測基地のシステムには、10年前に太陽爆発で死んだ女性科学者の人格が転写されていた。“彼女”からの異状を伝える連絡に、婚約者だった私が派遣された。その途上、私は巨大な太陽ヨ...
  11. 放課後スプリング・トレイン 小説・文芸 > ミステリー 放課後スプリング・トレイン 吉野泉 / 東京創元社
    629
    0
    (0)
    0件
    四月のある日、福岡市内の高校に通う私は、親友・朝名の年上の彼氏を紹介される。そのとき同席していた大学院生の飛木さんは、私の周りで起こる事件をさらりと解き明かしてみせる不思議な人だった。天神に向か...
  12. 殺人者の空 小説・文芸 > SF・ファンタジー 殺人者の空 山野浩一 / 東京創元社
    849
    0
    (0)
    0件
    学部自治会での内ゲバの結果、私はM派の内通者Kを殺害した。死体は仲間たちによって埋められ、事件の痕跡は完全に消去された。その後、私は警察から任意出頭を求められ大学も独自に調査を開始する。しかしそ...
  13. 10月2日を過ぎても-Genesis SOGEN Japanese SF anthology 2018- 小説・文芸 > SF・ファンタジー 10月2日を過ぎても-Genesis SOGEN Japanese SF anthology 2018- 堀晃 / 東京創元社
    199
    0
    (0)
    0件
    2018年6月、大阪は地震に見舞われた。7月に西日本豪雨と猛暑と台風12号、8月9月に台風20号、21号。だが私の周囲では、地震も水害もほとんど被害がなかった。マンション理事の私は、そのたびごと...
  14. 退職刑事5 小説・文芸 > ミステリー 退職刑事5 都筑道夫 / 東京創元社
    589
    0
    (0)
    0件
    父が状況を聞いて事件を再構成する力に、私は幾度舌を巻いたか知れない。硬骨の刑事魂は、退職したところで一向錆びつきはしないのだ。私の現職刑事ぶりが気になって、足繁く団地へ話しに来るのもわかる。しか...
  15. 赤い竪琴 小説・文芸 > ミステリー 赤い竪琴 津原泰水 / 東京創元社
    640
    0
    (0)
    0件
    その頃の私はいつも、どこか疲れていたし注意力散漫だった。蓄積していた疲れは私を無気力にした――漠然とした不安のなかで日常を過ごす三十代のグラフィックデザイナー・入栄暁子は、祖母の遺品から発見され...
  16. サニーサイドエッグ 小説・文芸 > ミステリー サニーサイドエッグ 荻原浩 / 東京創元社
    702
    0
    (0)
    0件
    私は最上俊平、私立探偵である。ハードボイルド小説を愛する、根っからの私立探偵である。ペット専門の探偵ではないのだ、決して。ある日、若く着物姿も麗しい女性が事務所を訪れた。ペット捜しなら、もう――...
  17. 魔法飛行 小説・文芸 > ミステリー 魔法飛行 加納朋子 / 東京創元社
    486
    0
    (0)
    0件
    私も,物語を書いてみようかな――入江駒子のつぶやきは「じゃあ書いてごらんよ」の声にあっさりと迎え入れられた。幾つも名前を持っている不可解な女の子との遭遇,美容院で耳にした噂に端を発する幽霊の一件...
  18. 凍った太陽 高城高全集2 小説・文芸 > ミステリー 凍った太陽 高城高全集2 高城高 / 東京創元社
    756
    0
    (0)
    0件
    入院中、同室となった男に、盛り場で雀荘を経営する妹の安否を確かめてほしいと頼まれた大学生の〈私〉は、戦後の焼け跡が広がる仙台の街を、彼女の影を追ってひたすらにさまよう。米兵相手の特飲街に、彼女は...
  19. 僧正殺人事件 小説・文芸 > ミステリー 僧正殺人事件 S・S・ヴァン・ダイン / 日暮雅通 / 東京創元社
    626
    5
    (1)
    1件
    だあれが殺したコック・ロビン? 「それは私」とスズメが言った――。四月のニューヨーク、マザー・グースの有名な一節を模したかのごとき不気味な殺人事件が勃発した。胸に矢を突き立てられた被害者の名はロ...
  20. 銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件 小説・文芸 > 文芸小説 銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件 アンドリュー・カウフマン / 田内志文 / 東京創元社
    1,131
    0
    (0)
    0件
    ある日、カナダの銀行に強盗がやってきて、人々から“もっとも思い入れのあるもの”を奪っていった。「私は、あなたがたの魂の51%を手に、ここを立ち去ってゆきます。そのせいであなたがたの人生には、一風...

※ 価格は税込です。

ページの先頭へ