• OFF
  • ON
シークレットモード

eAERA 関連シリーズ一覧

120/全60

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 現代の肖像 中野剛志 現代の肖像 中野剛志 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    「平成の開国」との触れ込みで、当時の菅直人首相が突如としてぶちあげたTPPへの参加検討の表明。当初、大手メディアもこぞって賛成した風潮に危機感を抱き、時には煽情的にメディアに登場した。TPPに真...
  2. 現代の肖像 澤野由明 現代の肖像 澤野由明 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    大阪・通天閣のそばにある履物店主の、趣味が高じて始めたジャズレーベル。店主の「気持ちのいい音ならええやん」のポリシーのもと、品のいいピアノサウンドは、愛好家ばかりでなくジャズ初心者にも受け入れら...
  3. 現代の肖像 河合弘之 現代の肖像 河合弘之 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    ビジネス弁護士として名を馳せた男は、いまや脱原発運動の先導者となった。人はその振る舞いを贖罪と言うかもしれない。けれども、強きを挫いて弱きを助けることの何が悪い? 経済的成功では満たされなかった...
  4. 現代の肖像 浅野忠信 現代の肖像 浅野忠信 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    1990年代、ミニシアターで上映される通好みの映画には、いつも彼の姿があった。憂いを帯びた顔、孤独の影……。スクリーン上の彼は近づきがたいオーラを放っていた。だが、実際に会うと、包み込むような温...
  5. 現代の肖像 山崎亮 現代の肖像 山崎亮 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    少子高齢化が進み、シャッター商店街が増え、地域は過疎化していく−。日本が冷え込む、そんなマイナスの時代に育ってきた。だからこそ、ハコモノに頼るのではなく、そこに暮らす人の手ごたえがあるコミュニテ...
  6. 現代の肖像 戸恒浩人 現代の肖像 戸恒浩人 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    天空にそびえ立つ634メートル。世界一高いタワー、東京スカイツリーは夜の景色を変えた。繊細な照明表現を可能にしたLEDを味方につけ、闇夜に版画絵のような江戸の美意識を浮かび上がらせる。それを実現...
  7. 現代の肖像 浜矩子 現代の肖像 浜矩子 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    日本では少数派に属する女性のエコノミストは、弱者切り捨てをためらわない為政者を真っ向から批判してきた。国家の枠組みが崩壊しつつある時代に放つ言説。それを支えるのは、大人であることを美徳とする精神...
  8. 現代の肖像 姫野希美 現代の肖像 姫野希美 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    アイドル写真集などを別にして、「写真集は売れない」が出版界の定説だ。その定説をものともせず、写真が確実に読者に届くことを証明しつつある出版社がある。彼女は、自己を表現する写真家たちと同じマグマを...
  9. 現代の肖像 佐々木常夫 現代の肖像 佐々木常夫 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    この人の著書を、効率重視型のビジネスハウツー本と思って手にとると、面食らうかもしれない。「根回し」を説き、「家族的絆」を説く――むしろ一見、古風なサラリーマン心得に思える。だがその根底にあるもの...
  10. 現代の肖像 阿武野勝彦 現代の肖像 阿武野勝彦 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    社会派ドキュメンタリーで数々の受賞歴を持つ。取り上げた題材は、戸塚ヨットスクール事件、光市母子殺害事件…。世間の耳目を集めた事件と正面から向き合い、日本社会の病理を浮き彫りにする手法は高く評価さ...
  11. 現代の肖像 澤本嘉光 現代の肖像 澤本嘉光 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    巷には、テレビよりも魅力的な新メディアとコンテンツが爆発的にあふれている。CMの世界もしかり。クリエイター=華やかとは言い難い混沌さの中で、広告表現の隘路と戦い、答えを導いてきた。「白戸家シリー...
  12. 現代の肖像 臼井真 現代の肖像 臼井真 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    東日本大震災後の東北で、被災者の心にじわじわと深くしみ入りつつある歌がある。「しあわせはこべるように」。山古志村や四川省でも歌われた、不思議な生命力を持つ歌だ。つくったのは、阪神淡路大震災で被災...
  13. 現代の肖像 中澤圭二 現代の肖像 中澤圭二 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    30歳で東京・四谷に「すし匠」をオープンした。40代にしてこの道30年のキャリアで、すでに何人もの弟子が独り立ちしていった。その弟子たちと今もしょっちゅう食べ歩きに出かける。“孤高の頑固親父”と...
  14. 現代の肖像 加藤秀樹 現代の肖像 加藤秀樹 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    地方で始まった「仕分け」が中央へ攻め上がり、財政の奥の院・特別会計に切り込んだ。さらに「ゾンビ仕分け」では政府の決断力・実行力が問われている。「部外者の目で予算を洗い直そう」。その志で始まった事...
  15. 現代の肖像 鈴木孝夫 現代の肖像 鈴木孝夫 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    虹は七色ではない、太陽は赤くない――鈴木孝夫の著作に外国語を知る面白さを教わった人も多いだろう。一般論にとらわれず、言語体系すらも飛び越えて、そこに生きる人間と文化を知る。言語を知ることは、人間...
  16. 現代の肖像 井上雄彦 現代の肖像 井上雄彦 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    ページを開くと「うっ」と顔を背けたくなる時があるほど、凄惨な血の匂いが表現される絵。時に哲学問答のようなセリフ。 漫画「バガボンド」を生み出す井上雄彦という宇宙の成り立ちを訪ねて。
  17. 現代の肖像 樫本大進 現代の肖像 樫本大進 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第一コンサートマスターに2代続けて日本人が就任した。世界に冠たるオーケストラの音作りを任されたのは、米国とドイツでソリストとしての修行を積んだ31歳。“ヴァイ...
  18. 現代の肖像 川上量生 現代の肖像 川上量生 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    叩かれるのはイヤだから、まじめぶらない。カッコよさげなものは、カッコ悪い。だから「ニコニコ」と、ふざけてみる。正攻法での勝負をハナから放棄し、競争を避けて成長できる方法を模索した結果、「ニコニコ...
  19. 現代の肖像 石井裕 現代の肖像 石井裕 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    研究者として、そして教育者、経営者として、世界中を飛び回り、未来のビジョンを描き、情報生態系をデザインする、デジタル世界の第一人者である。その源流をたどると、日本の山河への慈しみと人の手の温もり...
  20. 現代の肖像 宋美玄 現代の肖像 宋美玄 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    110(税込)

    作品内容

    著書『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』がアマゾンの和書総合ランキング第1位となり、一躍その名が知れ渡った。現役の産婦人科医によるアドバイスは、女性の性を誤解していた男性、言われるままに男...