• OFF
  • ON
シークレットモード

忍法帖 関連シリーズ一覧

120/全25

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  • 1 2
  • pager to end
  1. 無料あり
    バジリスク〜甲賀忍法帖〜 バジリスク〜甲賀忍法帖〜 男性マンガ > 青年マンガ
    0 ~ 660(税込)

    作品内容

    江戸の世、天下人・徳川家康は甲賀(こうが)と伊賀(いが)という忍法の二大宗家を相争わせ、十人対十人の忍法殺戮(さつりく)合戦の結果どちらが生き残るかによって、三代将軍の世継ぎ問題を解決させること...
  2. Y十M(ワイじゅうエム)〜柳生忍法帖〜 Y十M(ワイじゅうエム)〜柳生忍法帖〜 男性マンガ > 青年マンガ
    660(税込)

    作品内容

    江戸時代、徳川(とくがわ)三代将軍・家光(いえみつ)の世。会津藩主・加藤明成(かとうあきなり)に逆らったとされた会津藩元家老・堀主水(ほりもんど)一族は、高野山より東海道を江戸へと引かれていった...
  3. 海鳴り忍法帖 海鳴り忍法帖 小説・文芸 > 文芸小説
    484(税込)

    作品内容

    永禄八年、獰猛奸悪な武将松永弾正が謀叛の狼煙を上げた。大軍と根来忍者の精鋭に攻め込まれた京の将軍屋敷は、たちまち修羅場と化した! 危うく難を逃れた美少年厨子丸は、翌日弾正の本陣跡で、下半身を柘榴...
  4. 忍法剣士伝 忍法剣士伝 小説・文芸 > 文芸小説
    770(税込)

    作品内容

    その液体を浴びたとたん、女はあらゆる男を悩殺せずにはおかない女人となる。液体とは、快楽に燃える女の髄、液、精をことごとく吸いとったもの……これが果心居士の編みだした“幻法びるしゃな如来”。一人の...
  5. 忍法行雲抄 忍法行雲抄 小説・文芸 > 文芸小説
    440(税込)

    作品内容

    蟹の鋏はもがれてもまた生えてくる。だが、人間の首が切り落された後に生え替るなど考えられるだろうか? それも全く別人の首に! 越前の国に風采の上がらぬ浪人が訪れ、仕官することになった。名を明智十兵...
  6. 忍法落花抄 忍法落花抄 小説・文芸 > 文芸小説
    374(税込)

    作品内容

    失踪していた妻が眼前に引き出され、上司〈吹雪〉に犯されそうになったのを見て、幕府隠密〈薄雪〉はついに叛意した。松平伊豆守に一服盛ることを約束したのだ。すると吹雪は壁の方に歩いていき、土壁のくぼみ...
  7. くノ一紅騎兵 くノ一紅騎兵 小説・文芸 > 文芸小説
    440(税込)

    作品内容

    猛将上杉景勝は、重臣直江山城守の推挙で一人の小姓を召しかかえた。女と見紛うばかりの美童だが恐るべき剣技の持ち主で、景勝は連日連夜寵愛した。やがて、上杉家も大阪方に就くか徳川方に就くかの決断の時を...
  8. 忍法女郎屋戦争 忍法女郎屋戦争 小説・文芸 > 文芸小説
    396(税込)

    作品内容

    「祖先は八千石、江戸城に半蔵門の名を残したほどの服部家のあるじが、女郎の親玉とは!」吐き捨てるように言い放つ妻に、婿養子の伊賀組頭領服部億蔵は、身を縮めた。権勢を誇る老中田沼意次の馬鹿息子で若年...
  9. 外道忍法帖 外道忍法帖 小説・文芸 > 文芸小説
    440(税込)

    作品内容

    肥前一円でとらえた切支丹娘は、ことごとく江戸へ送られた。313年の生命をもつ十五童女を見つけだすために。ローマに派遣された使節が法王より預った秘宝、そのありかの手がかりは彼女たちの体内にあるとい...
  10. 伊賀の聴恋器 伊賀の聴恋器 小説・文芸 > 文芸小説
    484(税込)

    作品内容

    小道具の発明に才能のある伊賀忍者、服部大陣が新しい珍具を作った。名づけて聴恋器。男女の相性判断ができるという、聴診器のような器具である。これを耳にさしこみ、二股になった盃の先端を男女それぞれの局...
  11. 忍法破倭兵状 忍法破倭兵状 小説・文芸 > 文芸小説
    440(税込)

    作品内容

    日本では不世出の英雄太閤秀吉も、朝鮮の人民にとっては悪虐極まる大魔王である。己の権力示威のため数十万の兵を動員して朝鮮に攻め入り、多くの人々を虐殺し、その美しい山河を荒廃させたのだから……。だが...
  12. 忍法流水抄 忍法流水抄 小説・文芸 > 文芸小説
    396(税込)

    作品内容

    刈羽の眼が再び開かれて、次第に夜光虫のような光を放ち出した。お霧は刈羽の胸にしがみつき、右腕を帯の間の懐剣のつかにかける。とその時、お霧は眼のあたりにちくりと痛みを感じた。そして「おれの陰毛じゃ...
  13. 銀河忍法帖 銀河忍法帖 小説・文芸 > 文芸小説
    528(税込)

    作品内容

    「今夜はどこの鳥追いじゃ 長安どのの鳥追いじゃ……」坑道の奥から聞こえてくる、主人をからかう唄に激怒した伊賀忍者安馬谷刀印は、その声に向かって猛然と駆け出した。だが突然、眼の前で青い光が四散し、...
  14. 忍法鞘飛脚 忍法鞘飛脚 小説・文芸 > 文芸小説
    440(税込)

    作品内容

    私はインテリ忍者だ。忍法など信じないし、全然知らない。本業は医者である。にもかかわらず、忍者と自称するのは、迷惑なことに私が忍者の一族に籍を置く人間だからだ。ある日、一族の長老に呼ばれた私は、と...
  15. 忍法笑い陰陽師 忍法笑い陰陽師 小説・文芸 > 文芸小説
    396(税込)

    作品内容

    太平の世に忍術など何の役にも立たない。今は大道易者を続ける果心堂。だが、その独特の占いには絶大な効力が……。ある日、武士の客が来た。絶世の美女を賭けた試合の勝敗を占って欲しいと言う。相手は美男の...
  16. 軍艦忍法帖 軍艦忍法帖 小説・文芸 > 文芸小説
    528(税込)

    作品内容

    乗鞍丞馬と名乗った飛騨の浪人は、将軍の御前試合で得体の知れぬ幻法、妖術を使ってすでに六人を倒していた。だが七人目に立った旗本、宗像主水正の剣が丞馬の片腕を叩き切った。幻術は破れたのである。それは...
  17. 自来也忍法帖 自来也忍法帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    396(税込)

    作品内容

    世にも奇怪な異変が起きた。それも将軍お目見えのおごそかな儀式の最中にである。父の名代で出席していた、伊勢三十二万石藤堂藩の後継者藤堂蓮之介が、突然四つん這いになり、激しく腰を上下に浮動させた。そ...
  18. 忍者月影抄 忍者月影抄 小説・文芸 > 文芸小説
    396(税込)

    作品内容

    幕府による世を上げての節倹の時代に、堂々と遊蕩に耽る大名がいた。尾張藩当主の宗春である。豪放な気性で、現将軍吉宗とは全く反りが合わない。宗春の乱行は次第に激化していった。そして遂に、両者の関係は...
  19. 忍者六道銭 忍者六道銭 小説・文芸 > 文芸小説
    374(税込)

    作品内容

    城の奥庭に、小童しか入れない二個の鎧櫃が置かれた。二人の忍者は、両足を揃えてそれぞれ中に立つと、するすると櫃の中へ沈んでいき、ふたをしめた。やがて再びふたがあき、二人の忍者が立ちあがった時、一座...
  20. 忍法陽炎抄 忍法陽炎抄 小説・文芸 > 文芸小説
    396(税込)

    作品内容

    慶長十八年、江戸の町には無数の盗賊が跋扈していた。その中で、町奉行も手をこまねく強かな一団があった。大御所家康の直命を受けた伊賀の服部半蔵は、一党を率いてこの盗賊の掃討に立ち上がり、首謀格の二人...
  • 1 2
  • pager to end