• OFF
  • ON
シークレットモード

三浦綾子 電子全集 関連シリーズ一覧

120/全78

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 三浦綾子 電子全集 塩狩峠 三浦綾子 電子全集 塩狩峠 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    明治42年に実際に起こった鉄道事故を元にした人間のあり方と愛と信仰の物語。三浦綾子の代表作であり、多くのファンに愛される大ベストセラー作品!<br><br>東京で、父と厳格な祖母に育てられた信夫...
  2. 三浦綾子 電子全集 裁きの家 三浦綾子 電子全集 裁きの家 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    人は人を裁くことができるのか? 誰もが持っている人間のエゴイズムに光をあてた問題作!<br><br>「『家庭は裁判所ではない』ということを、わたしは度々口にする。しかし、現代は家庭もまた裁き合う...
  3. 三浦綾子 電子全集 この病をも賜として 三浦綾子 電子全集 この病をも賜として 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    平凡な生活の繰り返しが、「生きることの尊さ」を知ることだと説く、日記形式のエッセイ集。<br><br>「生きるということは、私は悲しみや苦しみに耐えることであると同時に、平凡な日常を切り捨てずに...
  4. 三浦綾子 電子全集 天の梯子 三浦綾子 電子全集 天の梯子 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    自分本位の生き方へのテーゼから、「私」ではなく「我ら」のための祈りのあり方を説く入門書。<br><br>「私たちの心は、本当に自分中心で、人をねたみ、恨み、憎しみ、一日として人を責めない日のない...
  5. 三浦綾子 電子全集 人間の原点―苦難を希望に変える言葉 三浦綾子 電子全集 人間の原点―苦難を希望に変える言葉 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    生きる指針、愛の指針となる230編の箴言集。<br><br>「何度も手をかけることだ。そこに愛情が生まれるのだよ。ほうっておいてはいけない。人でも物でも、ほうっておいては、持っていた愛情も消えて...
  6. 三浦綾子 電子全集 生かされてある日々 三浦綾子 電子全集 生かされてある日々 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    神によって生かされている著者が、日々の生活への思いをやさしく綴ったエッセイ集。<br><br>「目が覚めると、外が死んだように静まりかえっていたとする。(中略)その静けさが無気味に深まるばかりだ...
  7. 三浦綾子 電子全集 言葉の花束―愛といのちの792章 三浦綾子 電子全集 言葉の花束―愛といのちの792章 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    読者の実人生を支え、慰め、励ますであろう言葉の数々を著作から集めた語録集。<br><br>「今の君にぼくが贈るのは、<われわれ人間はすべて、弱さと過ちからつくられている。われわれの愚かさを許し合...
  8. 三浦綾子 電子全集 積木の箱 三浦綾子 電子全集 積木の箱 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    親と子、教師と生徒の絆を深く描く問題作。<br><br>旭川の私立中学校に赴任した教師の杉浦悠二は、生徒のひとり、佐々林一郎の暗い表情が気になっていた。じつは一郎は、実業家の父を持つ裕福な家の息...
  9. 三浦綾子 電子全集 ちいろば先生物語 三浦綾子 電子全集 ちいろば先生物語 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    虚飾のない、血のかよった人間味溢れる「ちいろば先生」こと榎本保郎牧師の姿を描く、伝記小説。<br><br>貧しい家庭に育ち、家の手伝いをしながらも、中学に合格し、積極的な活動をしていた榎本保郎。...
  10. 三浦綾子 電子全集 それでも明日は来る 三浦綾子 電子全集 それでも明日は来る 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    さまざまな苦難を乗り越えてきた著者が、すべての人の胸に希望の灯が点されるようにと願って書かれた愛のメッセージ。<br><br>「私が絶望しないで生きて来ることができたのは、『それでも明日は来る』...
  11. 三浦綾子 電子全集 永遠のことば 三浦綾子 電子全集 永遠のことば 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    講演、対談から選び抜かれた明日のあなたへの名言集。<br><br>「わたしたちは、なぜ生きねばならないか・・・という問いを発しがちですが、生きるとか死ぬとかという人生の一大事の『なぜ』は、だれに...
  12. 三浦綾子 電子全集 氷点 三浦綾子 電子全集 氷点 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    北海道旭川市を舞台に人間の「原罪」をテーマにした著者のデビュー作であり、代表作。<br><br>ある夏、北海道旭川市郊外の見本林で3歳の女児が殺される。父親、辻口病院院長の啓造は出張中、母親の夏...
  13. 三浦綾子 電子全集 細川ガラシャ夫人 三浦綾子 電子全集 細川ガラシャ夫人 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    女性が人間らしく生きるとは?ガラシャ夫人を通して語りかける著者初の歴史小説。<br><br>明智光秀の娘・玉子は、織田信長の命により、16歳で細川忠興に嫁いだ。戦乱の世の常の政略結婚で、多くの女...
  14. 三浦綾子 電子全集 嵐吹く時も 三浦綾子 電子全集 嵐吹く時も 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    ひとりの人間の生き方が、周囲の人々にどのように影響を与えるか。生々しい人間ドラマ。<br><br>中津志津代の両親は、佐渡・真野村から北海道・苫幌村(仮名)に来て、村唯一の日用荒物雑貨、食料、衣...
  15. 三浦綾子 電子全集 天北原野 三浦綾子 電子全集 天北原野 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    運命や自然に翻弄される人間の愛とエゴイズムを描く長編小説。<br><br>貴乃と孝介は結婚を誓い合った仲だったが、貴乃に恋慕する完治の策略によって、孝介一家は村から追いやられ、貴乃は強引に完治の...
  16. 三浦綾子 電子全集 続 氷点 三浦綾子 電子全集 続 氷点 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    人間にとっての「ゆるし」とは何かを問いかけるベストセラー『氷点』のその後。<br><br>自分が殺人犯の娘であると知った陽子は、睡眠薬自殺を図るが、一命を取り留める。意識が戻った陽子に、育ての親...
  17. 三浦綾子 電子全集 海嶺 三浦綾子 電子全集 海嶺 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    海の自然とちっぽけな人間の闘いを描いた実話を元にした大漂流記。<br><br>天保3(1832)年、知多半島の小野浦から江戸に向かって出航した千石船宝順丸は、遠州灘で嵐に遭い、難破してしまう。1...
  18. 三浦綾子 電子全集 遺された言葉 三浦綾子 電子全集 遺された言葉 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    妻から夫への感謝の言葉を中心に、著者没後に編まれた心打たれる遺された言葉の数々。<br><br>本が出るたびに、必ず執筆を支えてくれた夫・光世氏に献辞を添えた署名本を贈呈したという著者。それらの...
  19. 三浦綾子 電子全集 銃口 三浦綾子 電子全集 銃口 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    人間の本質に迫る三浦文学の最高傑作!<br><br>昭和元年、北森竜太は、北海道旭川の小学4年生。父親が病気のため納豆売りをする転校生中原芳子に対する担任坂部先生の温かい言葉に心打たれ、竜太は、...
  20. 三浦綾子 電子全集 光あるうちに ―道ありき 第三部 信仰入門編 三浦綾子 電子全集 光あるうちに ―道ありき 第三部 信仰入門編 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    傷つき、傷つけられた人。生きることに絶望している人。愛に悩んでいる人、失意の底にいる人などに、優しく語りかけるエッセイ。<br><br>罪とは、人間の弱さとは、愛とは何なのか。聖書の言葉を引用し...