販売状況

解除

掲載雑誌

解除

レーベル

解除

もっと見る

出版社で絞り込む

解除

もっと見る

著者で絞り込む

解除

もっと見る

ジャンルで絞り込む

解除

紙の本発売年代

解除

年~
完結

解除

サブジャンルで探す

歴史 電子書籍一覧

全6,104点

  1. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第1巻 美貌の剣士 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第1巻 美貌の剣士 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    神の剣法・巌流を遣う剣士、佐々木小次郎。ふたりの美女・那美と志乃を助けた小次郎は、彼女たちが仕える陰陽寮の頭・能姫の用心棒となる。彼の仕事は、謎の超能力戦闘集団・黒蟹衆を倒し、宣教師が遺した青銅...
  2. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第2巻 聖血の木 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第2巻 聖血の木 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    仕掛けた罠を逆用されてしまう那美。那美の異変に気づいた彰子は、役者のように美しい染物屋・藤十郎に那美の監視を依頼する。吉岡流最強の剣士でもある藤十郎のライト・サーベル光王杵が敵を断つ。そして、姿...
  3. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第3巻 さんちゃご党 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第3巻 さんちゃご党 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    黒蟹衆最強のオロチ八人組。そのひとり・眉月甲子郎。小次郎を傲慢だ、とののしりながら月下に戦う甲子郎と小次郎。甲子郎の砕星覇VS小次郎の風神燕舞! 一方、志乃は、隠れキリシタンの集会に参加、蓮修尼...
  4. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第4巻 吉岡一門 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第4巻 吉岡一門 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    次々に倒されていくオロチ八人組。だが、感情に流され、人を殺してしまい、小次郎は、後悔に苦しむ。そんな中、剣の名流・吉岡流と宮本武蔵の決戦が迫る。決戦の地・一乗寺に招待された小次郎たちは、そこで思...
  5. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第5巻 反魂衆 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第5巻 反魂衆 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    黒蟹衆の頭目・宮本武蔵。彼は、反魂衆として柳生一族に仕える沢庵とその妻・綺布によって造られた対佐々木小次郎用の戦闘型人造人間だった!  やっと出会えた両親、沢庵と綺布。だが、彼らは息子・小次郎が...
  6. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第6巻 阿修羅の槍 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第6巻 阿修羅の槍 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    宝蔵院流槍術の奥義を究めた美しき天才少年・胤舜。だが、かれは、心を開かず、小屋にこもり、阿修羅像を彫り、壊す日々を繰り返す。胤舜のもとを訪れる甲子郎は、胤舜の繰り出す超絶な超能力と深い孤独を知る...
  7. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第7巻 北斗七暴星 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第7巻 北斗七暴星 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    武蔵に匹敵するちからを持つ凶悪無残な反魂衆虐殺組の人造人間・北斗七暴星が、小次郎たち陰陽寮のメンバー抹殺のために動き出す。武蔵VS胤舜! 小次郎VS武曲! 藤十郎・源二VS破軍! 乱戦と奥義同士...
  8. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第8巻 終末のはじまり 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第8巻 終末のはじまり 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    自分を強化してくれた綺布に不思議な感情を感じ始める武蔵。その綺布を柳生宗矩の命令により殺す沢庵。小次郎は、益田甚兵衛に会い、村の貧困と敬虔な信仰に心を打たれる。青銅の鈴が脈動を始め、それに導かれ...
  9. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第9巻 旅立ちの日 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第9巻 旅立ちの日 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    志乃は生きていた。無残な火傷を負い、すべての記憶を失って・・・。志乃たち多くの人々を守れなかった小次郎は、自分を責め、心を閉ざす。そんな彼の心の扉を意外な人物が叩く。青銅の鈴の光に敗走した武蔵も...
  10. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第10巻 奪うもの、守るもの 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第10巻 奪うもの、守るもの 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    北斗七暴星の二体を組み合わせた連携攻撃に、胤舜が、甲子郎が倒れていく。だが、藤十郎は、吉岡流の驚くべき奥義を炸裂させ、小次郎を救う。小次郎たちが去ったみやこを襲う北斗七暴星。その暴虐の前に、能姫...
  11. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第11巻 武蔵の旅 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第11巻 武蔵の旅 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    小次郎によって青銅の鈴を体内に打ち込まれ、感情を持った武蔵。彼を助けた村は、彼が破壊したみやこから脱出した人々が新しく住み着こうとしている場所だった。その村を襲う野盗を殺した武蔵を、責めるものと...
  12. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第12巻 戦風! 巌流島(前篇) 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第12巻 戦風! 巌流島(前篇) 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    西海の孤島・船島。そこが、人造人間製造施設のひとつであることを突き止めた小次郎たちは、施設を破壊するべく、船島に乗り込む! 巌流の奥義が、吉岡流の奥義が次々に敵を粉砕する。が、敵は圧倒的多数をも...
  13. GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第13巻 戦風! 巌流島(後篇) 書籍 > 歴史 GANRYU!~佐々木小次郎風姿花伝~ 第13巻 戦風! 巌流島(後篇) 悠崎仁 / いるかネットブックス
    162
    0
    (0)
    0件
    船島の人造人間製造施設を破壊した小次郎たち。その小次郎に、武蔵は、試合を申し込む。人間として剣士として大きく成長した武蔵は、小次郎との戦いに剣ではなく木刀で臨む。人の命の尊さを学ぶために! かつ...
  14. 水滸伝 十二 炳乎の章 書籍 > 歴史 水滸伝 十二 炳乎の章 北方謙三 / 集英社
    463
    0
    (0)
    0件
    青蓮寺(せいれんじ)は執拗に闇塩の道の探索を続け、ついに盧俊義(ろしゅんぎ)の捕縛に成功した。過酷な拷問を受ける盧俊義を救うため、燕青(えんせい)は飛竜軍とともに救出へ向かう。一方、北京大名府に...
  15. 月影兵庫 秘剣縦横 書籍 > 歴史 月影兵庫 秘剣縦横 南條範夫 / 光文社
    648
    0
    (0)
    0件
    気ままな暮らしに未練を残しつつ、桔梗と所帯をもった兵庫は、十剣無統流の道場を開く。入門者が増え、生活も安定したころ、昔すりだった女に惚れた同心の門弟が惨殺された! 快調シリーズ第三弾!
  16. 魚河岸奉行 : 1 初鰹 書籍 > 歴史 魚河岸奉行 : 1 初鰹 国光 / 双葉社
    518
    0
    (0)
    0件
    文化十四年初夏、江戸に待望の初鰹が到来した。「御用魚」の幟をはためかせ、大名行列も蹴散らして御城へと激走する荷車には鯔背な男が一人――将軍家の食す魚を目利きする幕府賄方魚納屋役所頭取――人呼んで...
  17. 仕組人必殺剣 書籍 > 歴史 仕組人必殺剣 増田貴彦 / 学研
    637
    0
    (0)
    0件
    霧神流抜刀術の使い手・霧神清十郎は、おさよの借金を返すため、仕組人となる。ヨリが探索し、ツテがつないだ情報が、清十郎に届く。仕組む(死組む)相手は、新陰流の使い手・荒垣一心。清十郎の紙蝶の剣が、...
  18. 仕組人必殺剣 紙蝶の舞 書籍 > 歴史 仕組人必殺剣 紙蝶の舞 増田貴彦 / 学研
    637
    0
    (0)
    0件
    対立する刺客請負人組織との死闘を制した、立花屋藤兵衛率いる仕組人たちだったが、恨みを抱く残党による反撃は凄まじく、逆に壊滅寸前にまで追い込まれてしまう。紙蝶舞う一撃必殺の斬人剣の使い手、霧神清十...
  19. 戦国覇王伝1 乱世ふたたび 書籍 > 歴史 戦国覇王伝1 乱世ふたたび 中里融司 / 学研
    864
    4
    (1)
    1件
    奥州藤原氏の後裔を自認する伊達政宗は、いよいよ、天下を賭けて策動を開始し、関東の覇者・徳川家康の前にたちはだかる。信長、秀吉の手を経て終息に向かいつつあるかと思われた戦国の世は、いま、ふたたび息...
  20. 戦国覇王伝2 北の関ヶ原 書籍 > 歴史 戦国覇王伝2 北の関ヶ原 中里融司 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    関ヶ原の合戦後、妖童秀頼の出現により、徳川家康は蟄居を命じられた。翌年の年明け、会津に座す上杉景勝が、旧領を復するべく春日山城を急襲する。家康は大坂方に計らず、独断で結城秀康を先鋒とする討伐軍を...
  21. 戦国覇王伝3 乱刃 信州戦線 書籍 > 歴史 戦国覇王伝3 乱刃 信州戦線 中里融司 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    徳川家康による隣国切り取りの血祭りに上げられた佐竹氏を救出すべく、伊達政宗は援軍を派遣した。鹿島沖で徳川と伊達の水軍が、壮絶な砲撃戦を繰り広げる。本格的に天下取りへと乗り出した家康は、大坂方と奥...
  22. 戦国覇王伝4 西海の猛虎 書籍 > 歴史 戦国覇王伝4 西海の猛虎 中里融司 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    妖童:豊臣秀頼の出現により再び巻き起こった乱世の風雲は、九州へも波及した。慶長六年九月、島津家の呪詛にかけられ、秀頼が意識不明に陥る。豊臣家指示する加藤清正、黒田如水らは、日向、肥後に軍を進めた...
  23. 戦国覇王伝5 北辺の守護神 書籍 > 歴史 戦国覇王伝5 北辺の守護神 中里融司 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    徳川家康に使嗾された最上義光は、豊臣方である小野寺義道の居城・横手城を攻めた。これを奥州統一の好機と捉えた伊達政宗のもとに、上田城陥落後ゲリラ化していた真田信繁が、幸村と名乗りを変えて馳せ参じた...
  24. 戦国覇王伝6 東海道の荒武者 書籍 > 歴史 戦国覇王伝6 東海道の荒武者 中里融司 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    乱世の再来は、公家達の間にも嵐を巻き起こした。京洛では、徳川方につくか豊臣方につくか、百鬼夜行さながらの密談が繰り広げられる。右大臣就任の御礼言上という名目で馬揃えを行い、軍事示威行動をとる豊臣...
  25. 戦国覇王伝7 鹿角の軍神 書籍 > 歴史 戦国覇王伝7 鹿角の軍神 中里融司 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    豊臣家の宗主・秀頼が、絶体絶命の窮地に陥った清洲城の掛け替えのない忠臣・福島正則を救出するため、危険を省みずわずかな兵力で出陣した。果たして、秀頼は無事に大坂へ戻れるのか?一方、家康は伊達政宗の...
  26. 戦国覇王伝8 仙道の火祭り 書籍 > 歴史 戦国覇王伝8 仙道の火祭り 中里融司 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    徳川家康は、奥州の石森城をカルバリン砲をもって力攻めする。政宗は兵を退き、家康との決戦を仙台城に移すことを決定する。家康は、伊達家の本拠地まで侵攻するが、そこには政宗の巡らした秘策が待ち受けてい...
  27. 戦国覇王伝9 龍神たちの宴 書籍 > 歴史 戦国覇王伝9 龍神たちの宴 中里融司 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    仙台城を包囲され、空前の火力によって砲撃を受けた政宗は、カノン砲を仙台城に設置し、家康のカルバリン砲を鎧井楼ごと打ち崩すが籠城戦はしばし膠着状態が続いた。やがて、優勢にあった家康の軍陣に、凶報が...
  28. 戦国覇王伝10 乱世終焉 書籍 > 歴史 戦国覇王伝10 乱世終焉 中里融司 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    豊臣秀頼の仕掛けた罠に填まり、徳川軍は賊軍の烙印を押される。徳川家康は関東平野で決戦を行うため、すべての防衛線を放棄して関東に集結するよう命令。そして奥州の雄・伊達政宗は、上杉、佐竹、南部と合流...
  29. 直江兼続 書籍 > 歴史 直江兼続 江宮隆之 / 学研
    810
    0
    (0)
    0件
    幼少より上杉謙信の養子・景勝の近習として、時に謙信の薫陶を受けて育った直江兼続。謙信亡き後、弱冠20歳にして名門上杉家の軍師となり、水魚の交わりの君主・景勝を支える。その才気に魅せられた秀吉は、...
  30. 覇風林火山1 書籍 > 歴史 覇風林火山1 工藤章興 / 学研
    820
    0
    (0)
    0件
    都に旌旗をひるがえして天下に号令する――。西上を開始した信玄は三方ヶ原で家康を打ちのめす。だが信玄の病は篤い。しかし、たとえ我が身は滅んでも、と作戦を続行。三河・吉田城を包囲し、信長の出方を窺う...
  31. 覇風林火山2 書籍 > 歴史 覇風林火山2 工藤章興 / 学研
    820
    0
    (0)
    0件
    信玄の信長包囲網は急速に絞り込まれてゆく。京都・摂津・河内・近江・伊勢で反信長勢力が蜂起。本拠地岐阜城は長島一向一揆勢らに包囲され孤立した。もはや信長の撤兵は時間の問題、と思われていた。だが信長...
  32. 覇風林火山3 書籍 > 歴史 覇風林火山3 工藤章興 / 学研
    820
    0
    (0)
    0件
    三河・小豆坂で大敗したのち、二俣城で再西上の準備を進めていた信玄のもとに“謙信、上野に進入”の凶報が飛び込んできた。もちろん謙信の行動は、信長の差し金である。信玄は二俣城を山県昌景に託し、長駆の...
  33. 覇風林火山4 書籍 > 歴史 覇風林火山4 工藤章興 / 学研
    820
    0
    (0)
    0件
    大逆襲の嵐を巻き起こした信長軍団は、長島一向一揆の殲滅を目論み、北伊勢に侵攻。片や信玄は、富士山麓の樹海の中に、秘密兵器工場と鉄砲訓練場を建設。3000人の鉄砲隊と騎馬隊による精強軍団を構成し、...
  34. 覇風林火山5 書籍 > 歴史 覇風林火山5 工藤章興 / 学研
    820
    0
    (0)
    0件
    再び西上作戦を開始した信玄は、本拠地を駿河・駿府城に移した。東海道筋を突き進もうと企図しているのだ。最初のターゲットは、家康の領国、遠江。総大将・勝頼は、堅城高天神城を兵糧攻めする。功城すること...
  35. 覇風林火山6 書籍 > 歴史 覇風林火山6 工藤章興 / 学研
    820
    0
    (0)
    0件
    天正3年春、信長は久方ぶりの美酒を口にした。義弟・浅井長政とよりがもどったのだ。だが、信長にはその美酒を堪能する暇はなかった。信玄の再包囲網は着実に構築され、大鉄環が信長の喉首をじわりと締めはじ...
  36. 覇風林火山7 書籍 > 歴史 覇風林火山7 工藤章興 / 学研
    820
    0
    (0)
    0件
    家康を謀殺し徳川軍団を併合した信玄が再上洛を開始した。恐るべき戦闘軍団に変貌をとげた武田軍は、家康の遺子・信康を先鋒に、尾張・清洲城へ突進。対する信長は安土城から岐阜城に移り、再決戦に備える。だ...
  37. 覇風林火山8 書籍 > 歴史 覇風林火山8 工藤章興 / 学研
    820
    0
    (0)
    0件
    天正6年春、越後で一つの巨星が墜ちた。上杉謙信。この強烈なライバルの突然の死は、信玄・勝頼父子に吉と出るのか、凶と出るのか?謙信の養子、景勝と景虎が後継者を争いはじめ、これを憂慮した武田から急遽...
  38. 覇風林火山9 書籍 > 歴史 覇風林火山9 工藤章興 / 学研
    820
    0
    (0)
    0件
    天正6年秋、濃尾国境に戦雲が湧き起こった。業病が小康状態の信玄は、甲相越同盟を手土産に凱旋した勝頼を迎え、西上戦の再開を決意、ひそかに尾張に向かった。武田・徳川・上杉・北条の連合軍が、きりきりと...
  39. 覇風林火山10 書籍 > 歴史 覇風林火山10 工藤章興 / 学研
    820
    0
    (0)
    0件
    信玄の病は篤い。命、旦夕に迫っていた。武田軍は一刻も早く上洛を果たさなければならない。だが信長誅殺の難題が立ちはだかっている。連合軍を率いる勝頼は、ついに関ヶ原の突破を決断。上杉景勝に援兵を要請...
  40. 翔竜 政宗戦記 1 天翔の謀 書籍 > 歴史 翔竜 政宗戦記 1 天翔の謀 坂上天陽 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    英雄いまだ遅からじ!天正13年、戦国の世は羽柴秀吉のもとに終息するかと思えたとき、奥羽の地から一匹の竜が飛翔しようとしていた。独眼竜、伊達政宗である。己の弱さを断ち切るかのように右目を潰した政宗...
  41. 翔竜 政宗戦記 2 沖天の志 書籍 > 歴史 翔竜 政宗戦記 2 沖天の志 坂上天陽 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    強豪・佐竹義重を打ち破り、伊達政宗は己の野望に向けて次々と諸国を平らげていく。しかし、最上義光との戦いに母・保春院が止めに入ってから、政宗の中で何かが変わっていった。そんな政宗に愛想を尽かし、出...
  42. 翔竜 政宗戦記 3 竜虎の鬥 書籍 > 歴史 翔竜 政宗戦記 3 竜虎の鬥 坂上天陽 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    小田原の陣における河越決戦は、政宗の覇道の転換点となった。反豊臣の姿勢を満天下に示し、豊臣秀吉による天下統一に待ったをかけたのだ。老境に差し掛かり、大敗北を喫した秀吉の精神は変調を来し始め、豊臣...
  43. 翔竜 政宗戦記 4 報仇の迪 書籍 > 歴史 翔竜 政宗戦記 4 報仇の迪 坂上天陽 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    庄内で上杉景勝に大敗北を喫した伊達政宗は、雪辱の時を期して兵を養いつつ、奥州統一の調略をめぐらす。上杉軍の『車懸り』を破る戦術を編み出し、徳川家に人質を差し出して暫時不戦の約定を取り付けると、政...
  44. 翔竜 政宗戦記 5 誑惑の碑 書籍 > 歴史 翔竜 政宗戦記 5 誑惑の碑 坂上天陽 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    北陸道から上方へ躍り出るべく越後へ侵攻した伊達政宗であったが、堅固な春日山城を落とせず、戦線は膠着状態に陥った。徳川家康は計略どおり豊臣家に内応者を作り、意気揚々と西上軍を進めるが、思わぬ事態に...
  45. 翔竜 政宗戦記 6 乱世の覇 書籍 > 歴史 翔竜 政宗戦記 6 乱世の覇 坂上天陽 / 学研
    864
    0
    (0)
    0件
    岡崎隊の銃声で幕を開けた天下分け目の戦いは、序盤は前衛部隊の小競り合いで進行した。諸大名を調略し、必勝の態勢を整えた徳川家康。だが、信頼していた天海こと蘆名伝十郎の裏切りに遭った家康は、伊達軍、...
  46. 西行桜 書籍 > 歴史 西行桜 火坂雅志 / 小学館
    658
    0
    (0)
    0件
    若狭小浜の領主・国枝権太夫の邸で能を舞っていた世阿弥はふりしきる桜から霊気をおぼえ、禁呪の法である“反閇”を踏んだ。領主の奥方が桜谷からこの枝垂れ桜を植え替えて以来、奇病に伏しているという。桜谷...
  47. 全宗 書籍 > 歴史 全宗 火坂雅志 / 小学館
    864
    4
    (1)
    1件
    豊臣政権の中枢に喰い込んだ施薬院全宗の野心と乱世をダイナミックに描出した傑作長篇を初電子書籍化。 時代歴史小説の旗手として注目を浴び、着実に秀れた作品を発表し続けている著者の傑作である本作品は...
  48. 蒼き海狼 書籍 > 歴史 蒼き海狼 火坂雅志 / 小学館
    907
    0
    (0)
    0件
    時は二度の元寇という国難に瀕する鎌倉時代。大モンゴルは神風ならぬ台風によって敗退を余儀なくされたが三度の侵攻のため虎視眈々と島国日本を狙う。フビライ汗率いる大モンゴルと正対しても負けは明らか。な...
  49. 沖田総司恋唄 書籍 > 歴史 沖田総司恋唄 広瀬仁紀 / 小学館
    594
    0
    (0)
    0件
    フリーのジャーナリストとしての経験を基に企業小説、経済ミステリー、歴史小説と幅広いジャンルの作品を残した著者が最も得意とする新選組に材をとった傑作。動乱の幕末を駆け抜け、25才という若さで結核の...
  50. 土方歳三散華 書籍 > 歴史 土方歳三散華 広瀬仁紀 / 小学館
    572
    0
    (0)
    0件
    「死ぬなら戦場で死にたい」と、函館五稜郭で討幕軍に討たれた土方歳三。幕府の崩壊と共に消えた新選組の鬼副長として活躍した彼は、局長・近藤勇が官軍に投降した後も、新選組の指揮をとり、最後の最後まで戦...
  51. 沢彦(上) 書籍 > 歴史 沢彦(上) 火坂雅志 / 小学館
    702
    0
    (0)
    0件
    「後世の事頼み候」 平手政秀より傅育係を依頼された妙心寺派の僧・沢彦は、信長がただの“うつけ”ではないことをいち早く見抜き、その器量が未だ萌芽をもみせぬ少年期から、人として、武将としてのさまざま...
  52. 沢彦(下) 書籍 > 歴史 沢彦(下) 火坂雅志 / 小学館
    702
    0
    (0)
    0件
    「沢彦宗恩(たくげんそうおん)について、記録上、わかっていることはさほど多くない。信長の少年期の学問の師であり、その名づけ親であったこと。信長に『天下布武』の印を授け、天下統一の思想を与えたこと...
  53. いろの罠(電子復刻版) 書籍 > 歴史 いろの罠(電子復刻版) 南原幹雄 / 徳間書店
    702
    0
    (0)
    0件
    小田原城下。悪徳商人吉兵衛の奸計によって犯された若妻おさきは夫と心中。だが、偶然通りかかった蘭医・大村玄庵の手で瀕死の胎内からお柳が生を受けた。十七年後、美しく成長したお柳だが、彼女もまた恋人の...
  54. おれは半次郎(電子復刻版) 書籍 > 歴史 おれは半次郎(電子復刻版) 南條範夫 / 徳間書店
    648
    0
    (0)
    0件
    安政五年、薩摩藩郷士・中村半次郎弱冠(はたち)半農半士の身分ながら立身出世を夢みてひたすら示現流を磨き、西郷らの知遇をえて激浪の地・京の藩屋敷詰めとなった。剣技を買われ、各藩の密命をおびる暗殺剣...
  55. おんな用心棒(電子復刻版) 書籍 > 歴史 おんな用心棒(電子復刻版) 南原幹雄 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    鈴姫は旗本・神保弥十郎の娘。だが、その可憐な容姿からは想像できないもうひとつの顔を持っていた。小太刀の名人にして、五連発短銃を懐中に秘め、要人の警護にあたる用心棒なのだ。時は幕末、尊攘運動が高ま...
  56. お江戸探索御用 上〈迷路の巻〉(電子復刻版) 書籍 > 歴史 お江戸探索御用 上〈迷路の巻〉(電子復刻版) 多岐川恭 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    事はこみいっている。日本橋玄冶店の万探索を生業とする佐太郎たちに、旗本・松平織部から、誘拐された十歳の養嗣子・伊織の探索依頼があったのだ。妻との間に子はないが、妾とは一子を生した。また織部の兄は...
  57. お江戸探索御用 下〈悪道の巻〉(電子復刻版) 書籍 > 歴史 お江戸探索御用 下〈悪道の巻〉(電子復刻版) 多岐川恭 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    養子、妾腹の子、兄の子、それに妻が密通して生した子――誘拐された養子の伊織をのぞけば、旗本の家督を狙う子が三人。関係者は数知れず。万探索を生業の佐太郎たちにも、事件の奥の奥はつかめない。なにしろ...
  58. 悪の絵草紙(電子復刻版) 書籍 > 歴史 悪の絵草紙(電子復刻版) 多岐川恭 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    老旗本の囲われ者であだっぽい年増のお町、旗本の小姓で稚児上りの桃之助、浪人出身のならず者の甲吉、袋物を商う老舗の当主・鳴海屋市兵衛。こんな面々が夜毎、江戸の巷を徘徊し、奸計と色仕掛けで悪徳商人の...
  59. 暗殺剣(下) 決戦(電子復刻版) 書籍 > 歴史 暗殺剣(下) 決戦(電子復刻版) 南原幹雄 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    徳川幕府と豊臣家。表面上は平穏を保っていたが、その裏では伊賀、戸隠の隠密たちによる攻防が繰り広げられていた。真田昌幸、加藤清正ら豊臣家ゆかりの大名が次々と討ち取られ、形勢は伊賀組有利と思えた。追...
  60. 暗殺剣(上) 陰謀(電子復刻版) 書籍 > 歴史 暗殺剣(上) 陰謀(電子復刻版) 南原幹雄 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    家康の覇権獲得に尽力した伊賀忍者集団服部家。だが偉大なる父初代半蔵に較べ、二代目半蔵は頭領としての資質に欠けていた。家康はやむなく服部家の家名を断絶。関ヶ原の合戦後、もはや隠密は不要と思われたが...
  61. 伊賀組同心(電子復刻版) 書籍 > 歴史 伊賀組同心(電子復刻版) 戸部新十郎 / 徳間書店
    702
    0
    (0)
    0件
    江戸時代。丹沢山林警固を受け持つ弥左衛門は息子の五郎次と山廻りの途中、不法な盗伐者を発見。だが、弥左はなぜか盗伐者を逃がしてやる。翌日、江戸へ報告に出かけた弥左の留守に見知らぬ侍が現れ、戻ってき...
  62. 維新の烈風《吉田松陰と高杉晋作》(電子復刻版) 書籍 > 歴史 維新の烈風《吉田松陰と高杉晋作》(電子復刻版) 古川薫 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    〈吉田松陰と高杉晋作。この二人の生涯をたどれば、明治維新の概略を知ることができる。アヘン戦争、ペリー来航、安政大獄、攘夷戦、長州征伐……極東に延びてきた世界史の触手や、顕在化した幕政矛盾と直接、...
  63. 陰陽道転生 安倍晴明1〈義経起つ〉(電子復刻版) 書籍 > 歴史 陰陽道転生 安倍晴明1〈義経起つ〉(電子復刻版) 谷恒生 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    平清盛を総帥とする平家の一族は要職を独占。驕る平家は、まさにその極に達していた。しかしそれを冷厳に見つめる清雅な貴公子の姿が。彼こそ、清盛が唯一怖れる者、時空を超えて蘇る陰陽師・安倍晴明であった...
  64. 陰陽道転生 安倍晴明2〈源平騒乱〉(電子復刻版) 書籍 > 歴史 陰陽道転生 安倍晴明2〈源平騒乱〉(電子復刻版) 谷恒生 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    清盛亡き後、西国で勢力を盛り返しつつある平家一族。その頃都では、後白河法皇に踊らされた木曾義仲が短い天下を満喫していた。鎌倉の頼朝の命を受けた御曹司・義経ら一行は、いよいよ打倒義仲、打倒平家へと...
  65. 陰陽道転生 安倍晴明3〈義経伝説〉(電子復刻版) 書籍 > 歴史 陰陽道転生 安倍晴明3〈義経伝説〉(電子復刻版) 谷恒生 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    後白河法皇の策略によって殿上人となった義経は、鎌倉の御家人や頼朝の妻・北条政子たちから危険視されていく。しかし頼朝は、孤立していく義経を、平家討伐の総大将とした。安倍晴明は明らかにする。頼朝こそ...
  66. 隠密鴉(電子復刻版) 書籍 > 歴史 隠密鴉(電子復刻版) 西村望 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    石見に参り、かの地の動静を調べて参れ――遠国御用の密命を帯びた幕府のお庭番・土屋与三郎は箱職人に姿をやつし、出雲から石見銀山に入った。四万八千石の天領内には、幕府直轄のお囲い村が三十二、間歩(坑...
  67. 右京介巡察記(電子復刻版) 書籍 > 歴史 右京介巡察記(電子復刻版) 南條範夫 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    徳川の世、将軍の代替り時に諸国の施政査察を任務とする巡察使も、太平の続く中、贈賄・饗応に堕していた。一人、三重・藤堂、信州・真田両藩の乱脈ぶりを追求しようとした巡察副使・瀬名伝右衛門は謀られて切...
  68. 疫病神捕物帳 降って来た赤ン坊(電子復刻版) 書籍 > 歴史 疫病神捕物帳 降って来た赤ン坊(電子復刻版) 笹沢左保 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    伝九郎頭巾と聞いただけで、呑太は全身の血が熱くなる。どんな悪人であろうと、それなりの節度がなければならない。それが、この伝九郎頭巾と俗称される盗賊は、押し込み、追い剥ぎ、幼児殺しとその場の思い付...
  69. 加田三七 捕物そば屋(電子復刻版) 書籍 > 歴史 加田三七 捕物そば屋(電子復刻版) 村上元三 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    旧幕時代、南町奉行所同心であった加田三七は明治四年、湯島で蕎麦屋を始めた。だが、蕎麦屋の旦那で収まる三七ではない。界隈で事件が起これば、警察に頼まれもしないのに、かつての輩下・幸助を従え探索に飛...
  70. 加田三七捕物帖(電子復刻版) 書籍 > 歴史 加田三七捕物帖(電子復刻版) 村上元三 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    明治の御代も七年になるというのに、荒れ果てた旗本屋敷で、老女二人が昔ながらの大奥づとめそのままに暮らしていた。ある日、この屋敷出入りの古道具商が殺され、若い下男の弥助が自首した――本郷湯島でそば...
  71. 嘉永五年の人工呼吸 《姫四郎医術道中4》(電子復刻版) 書籍 > 歴史 嘉永五年の人工呼吸 《姫四郎医術道中4》(電子復刻版) 笹沢左保 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    謀殺された名医・内藤了甫の忘れ形見・姫四郎、今では“悪”と噂の渡世人。日光街道宇都宮の城下。太物商いの豪商・野州屋の孫娘がかどわかされ、発見者に百両の賞金が出る、と聞き及んだのが氏家宿は七兵衛親...
  72. 嘉永三年の全身麻酔 《姫四郎医術道中2》(電子復刻版) 書籍 > 歴史 嘉永三年の全身麻酔 《姫四郎医術道中2》(電子復刻版) 笹沢左保 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    関八州随一の名医と謳われながら謀殺された内藤了甫の忘れ形見・姫四郎、今では世を拗ね、“悪”と噂の渡世人。さしかかった小田原城下、この十日ほどに医師三人が殺されたという。その魔手は姫四郎をも襲い、...
  73. 嘉永四年の予防接種 《姫四郎医術道中3》(電子復刻版) 書籍 > 歴史 嘉永四年の予防接種 《姫四郎医術道中3》(電子復刻版) 笹沢左保 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    医術の心得ある渡世人と街道筋に噂される乙井の姫四郎、草鞋を脱いだ下仁田宿は文治親分宅。だがそこにはすでに医術修行中の触れこみで乙姫が投宿しているという。名を騙るニセ乙姫、松井田宿の大尽・吉富の末...
  74. 嘉永二年の帝王切開 《姫四郎医術道中1》(電子復刻版) 書籍 > 歴史 嘉永二年の帝王切開 《姫四郎医術道中1》(電子復刻版) 笹沢左保 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    野州無宿、乙井の姫四郎。関八州随一の名医と謳われた父は、ある夜、正体不明の武士の闇討ちに斬死、母、二人の兄弟もその道連れとなる。一人難を逃れ上訴したが、何故か却下される。世を拗ねた姫四郎、この日...
  75. 嘉永六年のアルコール中毒 《姫四郎医術道中5》(電子復刻版) 書籍 > 歴史 嘉永六年のアルコール中毒 《姫四郎医術道中5》(電子復刻版) 笹沢左保 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    噂が噂を呼ぶ乙井の姫四郎、医術を使う渡世人。道中合羽に三度笠、右手に数珠を巻きつけて、さしかかった甲州街道は横山宿。姫四郎がのぼせを癒してやった年増後家、その女のひさぐ居酒屋に寄寓して酒毒に溺れ...
  76. 寛永独妙剣(上)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 寛永独妙剣(上)(電子復刻版) 富田常雄 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    徳川三代将軍家光の治世、泰平の世が続き、武士も文弱に流れたとはいえ、まだ豊富家残党の策動が絶えなかった。無骨一徹の旗本大久保彦左衛門の次男大八郎は父に似ず、その軟弱ぶりを、水野十郎左衛門ら旗本奴...
  77. 寛永独妙剣(下)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 寛永独妙剣(下)(電子復刻版) 富田常雄 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    無法者を懲らす剣客浜竜四郎は大八郎のもう一つの顔だった。一方、徳川幕府転覆を企む流兵馬一味は浜竜四郎と名を騙り、辻斬りを働いて江戸市中を震え上がらせた。兵馬の妹越路太夫を白柄組の毒牙から救い一心...
  78. 虚空の影落つ(電子復刻版) 書籍 > 歴史 虚空の影落つ(電子復刻版) 西村寿行 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    徳川幕府が倒れた明治初期、廃仏毀釈の嵐が吹き荒れ、首を落とされた野仏が路傍に転がる信濃路を旅の雲水・虚空が往く。虚空には野望があった。かつて自らも加わり討幕に奔走した赤報隊は、佞臣・岩倉具視の裏...
  79. 狂恋 二人の小町(電子復刻版) 書籍 > 歴史 狂恋 二人の小町(電子復刻版) 笹沢左保 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    江戸市中で小町娘と評判をとった二人の娘、八百屋お七と柏屋お駒。しかしその恋は対照的だった。お七は純情一途、対してお駒は無軌道な性にのめり込む。やがて二人の恋が複雑にもつれ合い、殺人事件、江戸の大...
  80. 剣には花を(上)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 剣には花を(上)(電子復刻版) 五味康祐 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    なぜか、微醺をおびて巷を徘徊する染は、故あって切腹した旗本・牧下頼母のお内儀。その侠気と美しさで評判の女だ。北辰一刀流・千葉周作の門下で剣一筋、修行の日々をすごす山岡鉄太郎は、染をめぐる奇妙な事...
  81. 剣には花を(下)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 剣には花を(下)(電子復刻版) 五味康祐 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    妖しき美女を描いた絢爛たる浮世絵と引き換えに、外国からの新兵器を買い求めんとする幕府側と、神道無念流・斎藤弥九郎門の塾頭・桂小五郎ら勤皇派との闇の闘いはますます熾烈をきわめていった。謎の名剣士・...
  82. 剣の舞(電子復刻版) 書籍 > 歴史 剣の舞(電子復刻版) 南條範夫 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    生来の気性なのか、あまりの粗暴さゆえに鬼夜叉と綽名された少年夜叉丸は、ある一件から悪徳代官に反逆したために伊豆大島を追われ出ることになった……。元服を機に伊藤弥五郎景久と名を改めたのち、募る剣の...
  83. 剣光斜めに飛べば(電子復刻版) 書籍 > 歴史 剣光斜めに飛べば(電子復刻版) 南條範夫 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    新将軍の即位時に諸国査察を任務とする巡察使。だが泰平の続く中、贈賄・饗応に堕す彼らに代わって真正巡察使を名乗り悪を糾弾する紫右京之介。江戸の町医慶庵が失踪した。行方を探るうち、美濃岩村藩の家督相...
  84. 剣法秘伝(電子復刻版) 書籍 > 歴史 剣法秘伝(電子復刻版) 五味康祐 / 徳間書店
    756
    0
    (0)
    0件
    三代将軍家光の頃、江戸では親陰流、無明流が覇を競っていた。将軍家指南役、新陰流柳生但馬守宗矩は、無明流の声望高きを怖れ、無明流四天王の謀殺をはかった。三人までは仕留めたが、神月悪源太のみは残った...
  85. 元禄葵秘聞(上)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 元禄葵秘聞(上)(電子復刻版) 多岐川恭 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    僧・隆光の妄言から生類憐れみの令が出され、江戸にも退廃の影が落ちる五代将軍・綱吉の御代。柳生帯刀(たてわき)十七歳。武道指南役にして、市中安寧を託される監察も。夜毎、町人に変装して旗本の賭場に潜...
  86. 元禄葵秘聞(下)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 元禄葵秘聞(下)(電子復刻版) 多岐川恭 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    柳生家の若き嗣取り・帯刀(たてわき)の愛妾・若菜が入った大奥は、綱吉に嫡男なく、二派に分かれての権謀渦巻く伏魔殿。側室・お伝の方は娘を嫁がせた紀州びいき。一方の御台所は、綱吉の甥にあたる甲府宰相...
  87. 元禄四谷怪談(電子復刻版) 書籍 > 歴史 元禄四谷怪談(電子復刻版) 西村望 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    赤穂藩士神谷伊右衛門が同僚の妻と密通し、藩の公金を盗んで江戸へ逐電したのが元禄十二年秋。追捕の手を怯える日々を送るうちに、江戸城松の廊下の刃傷で、赤穂藩は消滅してしまった。安堵する伊右衛門に不安...
  88. 元禄太平記(後編)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 元禄太平記(後編)(電子復刻版) 南條範夫 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    吉良上野介への復仇を胸に大石内蔵助は、亡君の弟大学による浅野家再典のため種々の要路を通じ工作を進めてきた。しかし、路の最後には必ず大老並に登りつめた柳沢保明改め吉保が存在し、すべてを握り潰し、あ...
  89. 元禄太平記(前編)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 元禄太平記(前編)(電子復刻版) 南條範夫 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    元禄、五代将軍綱吉の治世、その寵を一身に集め出世の階段を駆けのぼった人物がいた。その名を柳沢保明。綱吉の寵童から大名、御側御用人、そして幕閣の最高権力者へと、その勢いは果てしがないように見え、保...
  90. 源三郎武辺帖(上)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 源三郎武辺帖(上)(電子復刻版) 三好徹 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    三千石の直参・夏目源三郎は故あって巷の陋屋に起居し、昼は居眠り夜になると起き出すので“夜もすがら先生”と異名をとる。黒羽二重の着流しに月代(さかやき)をのばして一見浪人風だが、腰に下げた印籠は葵...
  91. 源三郎武辺帖(下)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 源三郎武辺帖(下)(電子復刻版) 三好徹 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    唐津六万石小笠原敬七郎は、土佐藩主山内容堂の運動によって、幕府から正式に世継ぎと認められた。失脚した江戸家老野辺地一派と大和屋十兵衛は敬七郎暗殺を謀る。“夜もすがら先生”こと夏目源三郎は、敬七郎...
  92. 孤剣二十六万石(上)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 孤剣二十六万石(上)(電子復刻版) 南條範夫 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    尾張大納言徳川光友の甥、松平雪丸は柳生兵庫から新陰流の極意をきわめた無双の剣士。その雪丸は越後高田藩二十六万石の養嗣縁組を断わり武者修行に旅立つが、道中、高田藩のお家騒動に巻き込まれ刺客に襲われ...
  93. 孤剣二十六万石(下)(電子復刻版) 書籍 > 歴史 孤剣二十六万石(下)(電子復刻版) 南條範夫 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    越後高田藩二十六万石の太守の座を断わった松平雪丸は、皮肉にも高田藩のお家騒動に巻き込まれる。雪丸は奸臣小栗美作の野望を防ぐべく江戸へ。雪丸を襲う刺客、無頼の旗本奴を相手に快刀乱麻の大活躍。権勢家...
  94. 五右衛門処刑(電子復刻版) 書籍 > 歴史 五右衛門処刑(電子復刻版) 多岐川恭 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    三条河原の刑場で、油が煮えたつ大釜に投ぜられようとしているのは、大盗賊の石川五右衛門だった。高貴な女人との恋を得ようと内裏に忍び込み、彼女たちを辱めたもののうまくゆかず、失意にあった彼に、秀吉の...
  95. 江戸おんな坂(電子復刻版) 書籍 > 歴史 江戸おんな坂(電子復刻版) 南原幹雄 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    四谷塩町の老舗箪笥問屋・大野屋の内儀おつやは、暗闇坂で腹痛を覚えていたところ、若い男に送ってもらった。市村吉之助と名乗った男は、おつやを舞台に誘う。売れない芝居役者の言葉に、おつやはまだ自分が女...
  96. 江戸悪人帖(電子復刻版) 書籍 > 歴史 江戸悪人帖(電子復刻版) 多岐川恭 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    日本橋の川っぷちで腕利きの浪人・大池が斬殺された。ついで情婦の芸者千代次ことおしのも刺されて傷を負う。大池は、おしのを譲ろうと話をもちかけ相当の金品を騙しとっていたようだ。岡っ引の卯之吉は人相見...
  97. 江戸妻お紺(電子復刻版) 書籍 > 歴史 江戸妻お紺(電子復刻版) 南原幹雄 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    お紺は松吉の女房だと思っている。が、世帯は別々だし、松吉には国元の伊勢に本当の女房がいる。商用で江戸に来ている間だけの亭主なのだ。お紺はそれを承知していた。嫉妬がないと言えば嘘になるが、器量でも...
  98. 江戸犯科帖(電子復刻版) 書籍 > 歴史 江戸犯科帖(電子復刻版) 多岐川恭 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    両国の路上で、微禄の御家人が町人を斬り殺した! 連れていた家来の顔を笑われての無礼討ちだという。侍にはおとがめがないばかりか、出世までするという話だ。侍の同僚であり美人画の絵師でもある田部源四郎...
  99. 紅屋お乱捕物秘帖(電子復刻版) 書籍 > 歴史 紅屋お乱捕物秘帖(電子復刻版) 多岐川恭 / 徳間書店
    594
    0
    (0)
    0件
    浅草黒船町の小間物屋「紅屋」の女あるじお乱は、美人でお侠で艶っぽく、皆が振り返るほどの女っぷり。そんな美女が大の捕物好きときた。今日も馴染みの破れ寺に通っては、そこに住みつく、いわくありげな生臭...
  100. 紅屋お乱捕物秘帖 心中くずし(電子復刻版) 書籍 > 歴史 紅屋お乱捕物秘帖 心中くずし(電子復刻版) 多岐川恭 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    理由ありの男と女の難事件にめっぽう強いのが、お乱姐さん。露草寺に住みつく住職、虚無僧と、若い二人の妹分とともに、岡っ引の鎌吉親分を助けての大活躍。不審な夫婦心中や、マムシを使った“責め”の末の妾...

※ 価格は税込です。

ページの先頭へ


ひかりTVブック5周年記念第1弾