映画音楽太郎主義 サウンドトラックの舞台ウラ
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

映画音楽太郎主義 サウンドトラックの舞台ウラ

通常価格 ¥1728(税込)
通常ポイント 17PT
作者 岩代太郎
出版社 全音楽譜出版社
電子版発売日 2017/07/28
ジャンル 書籍 > サブカルチャー

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

映画音楽太郎主義 サウンドトラックの舞台ウラの商品説明:

映画音楽はどのようにして作られるのか!?
『レッドクリフ』『許されざる者(日本版)』『殺人の追憶』など、数多くの映画音楽を手がける作曲家・岩代太郎による、はじめての“映画音楽本”。

第1部 太郎主義的音楽論
 僕と映画音楽/映画音楽とはなにか/映画音楽を創る
作曲家としてキャリアをスタートさせるまで、そして映画音楽制作の「現場」ではどのようなことが行われているのか。その方法など、制作のウラ側を明かします。

第2部 作曲家×映画監督 12人との対話
 石井裕也/沖田修一/崔 洋一/白石和彌/中村義洋/成島 出/平山秀幸/松岡錠司/山下敦弘/行定 勲/李 相日/ジョン・ウー
映画界の第一線で活躍する総勢12名の映画監督との対談を通し、映画音楽をどう捉えるか、どう創るか、さまざまに捉えられる「映画音楽」の現状を詳らかにします。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2016/04/15
ページ数: P256
ISBN番号 9784118802336
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
映画音楽太郎主義 サウンドトラックの舞台ウラへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


ポイントbackクーポン 最大3000ポイントGetのチャンス!!