読売クオータリー選集2013年春号3・喫緊の課題となった領域警備法の整備 安保公人・著
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

読売クオータリー選集2013年春号3・喫緊の課題となった領域警備法の整備 安保公人・著

通常価格 ¥216(税込)
通常ポイント 2PT
作者 拓殖大学大学院教授・安保公人
出版社 読売新聞社
電子版発売日 2013/07/26
ジャンル 書籍 > 社会

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

読売クオータリー選集2013年春号3・喫緊の課題となった領域警備法の整備 安保公人・著の商品説明:

尖閣諸島の領有権を主張し、日本領海にたびたび侵入を繰り返す中国の政府船舶。しかし、現行国内法の警察権の範囲では、これらの船舶や軍艦に対し、有効な対処はできないのが実態だ。著者は、日本が主権を守るためには、実効ある領域警備法を整備することが喫緊の課題と主張する。内容:領域警備法の必要性▽軍艦・政府船舶に通用しない警察権▽国連海洋法条約の関係規定▽主権の意義▽国際法上の自衛権▽主権国家としての責任、など

SNS:
レーベル名 読売ebooks
掲載誌名
紙の本発売日
ページ数:  

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全4巻

みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
読売クオータリー選集2013年春号3・喫緊の課題となった領域警備法の整備 安保公人・著へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ