40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。 新・ミドルエイジ論
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。 新・ミドルエイジ論

通常価格 ¥1100(税込)
通常ポイント 11PT
作者 成毛眞
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2013/07/19
ジャンル 書籍 > ビジネス・経済

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。 新・ミドルエイジ論の商品説明:

2012年4月に「65歳定年制」が施行され、希望すれば65歳まで働けるようになりましたが、それまでと同じ雇用条件(給料その他)で働けることを意味してはいません。では、最低5年は延びた会社人生を、ミドルエイジはいかに過ごせばよいのでしょうか? それでなくても、中高年社員に対する周囲の目は、ますます冷たくなってきています。でも40代、50代ともなると、もはや仕事で成長は望めません。 だからこそ(!?)、著者は語ります。「日本の40代以上のビジネスマンの9割は、仕事に全力を注ぐ必要はない。どこかの本のタイトルにありそうだが、私は心底そう思っている」と……。人間、仕事では芽が出なくても、人生のどこかで芽が出ればいいのです。「とにかく何でもやってみて、それから考えよ」と……。本書で提案するのは、“全力で”脱力系の生き方を追い求めるための方法論。30代にも決して他人事ではない“教え”が満載です。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2013/06/14
ページ数: P200
ISBN番号 9784569812625
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。 新・ミドルエイジ論へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ