はじめて読む数学の歴史
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

はじめて読む数学の歴史

通常価格 ¥1620(税込)
通常ポイント 16PT
作者 上垣渉
出版社 ベレ出版
電子版発売日 2013/07/19
ジャンル 書籍 > 理化学

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

はじめて読む数学の歴史の商品説明:

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

この一冊を通読することで、数学がどのように生まれ、どのように発展してきたのかがわかります。第1部は「古代の数学」としてエジプト、メソポタミアの地で蓄積されたオリエントの数学を説き起こし、古代ギリシアの数学を中心にまとめ、第2部では「中世の数学」としてインド、アラビア、中国、日本、中世ヨーロッパの数学を、そして第3部では「近代の数学」として記号代数学の成立から微積分法の発見までを解説しています。

SNS:
レーベル名 BERET SCIENCE
掲載誌名
紙の本発売日 2006/01/25
ページ数: P351
ISBN番号 9784860641108
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
はじめて読む数学の歴史へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ