考え出すと妙に気になる クラシック音楽 素朴な大疑問
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

考え出すと妙に気になる クラシック音楽 素朴な大疑問

通常価格 ¥540(税込)
通常ポイント 5PT
作者 クラシックジャーナル編集部
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2013/07/05
ジャンル 書籍 > エンタメ

商品の評価

5.0

(1)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

考え出すと妙に気になる クラシック音楽 素朴な大疑問の商品説明:

「なんだ、クラシックって中々いい音楽じゃない」――テレビCMや街角のBGMで、クラシック音楽を耳にする機会が多くなったのも、そんな巷の声が反映されてきた証拠ではないでしょうか?そこで本書は、「これを知れば、クラシック音楽が100倍楽しめる!」というテーマに絞り、素朴な疑問ばかりを60項目集めました。●ヴィヴァルディの《四季》は死後、忘れられていたって本当?●バッハはなぜ「音楽の父」なのか?●ベートーヴェンはどの程度、耳が聞こえたのか?●シューベルトの名曲はなぜ《未完成》なのか?●ヴェルディの曲がサッカーの試合で流れる理由とは?●コンクールって本当に公平な審査がおこなわれているのか?●名器ストラディヴァリの音の秘密とは?など、普通の人が、たった2時間で「にわかじこみのクラシック通」を語れる知識が満載! クラシックアレルギーの人も必見の一冊です。

SNS:
レーベル名 PHP文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2007/10/01
ページ数: P240
ISBN番号 9784569669212
みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く

テレビやラジオ、街で流れているクラシック音楽についての疑問が書かれています。 私はクラシックのことはあまり詳しくないですが、作曲家や楽曲名などこれまでずっと疑問...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品30%OFFクーポン(BLも対象)