花と散りにし 保元の乱を詠む
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

花と散りにし 保元の乱を詠む

通常価格 ¥720(税込)
通常ポイント 7PT
作者 松下正樹
出版社 幻冬舎ルネッサンス
電子版発売日 2013/05/31
ジャンル 書籍 > 文芸

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

花と散りにし 保元の乱を詠むの商品説明:

■内容紹介
平安末期、国を二分する戦いが起こった。それは保元の乱と呼ばれる戦乱であり、古代から中世へと、貴族政治から武家政治へと時代を切り拓いていく端緒となった。ここでは、この乱の原因である天皇家と藤原摂関家の内紛から崇徳院の配流という結末までの経緯を、雅やかに詠まれた創作短歌で克明に描く。

■著者紹介
松下 正樹(まつした まさき)
1939年、鹿児島県種子島に生まれる。1968年、東京教育大学(現・筑波大学)大学院、農学研究科修了。2004年3月まで板橋区役所勤務。著書『歌集秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス、2010)、『歌集北へ漕ぐ舟』(幻冬舎ルネッサンス、2012)。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2013/02/15
ページ数: P144
ISBN番号 9784779009549
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
花と散りにし 保元の乱を詠むへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


ポイントbackクーポン 最大3000ポイントGetのチャンス!!