血涙(上) 新楊家将(ようかしょう)
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

血涙(上) 新楊家将(ようかしょう)

通常価格 ¥600(税込)
通常ポイント 6PT
作者 北方謙三
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2013/03/08
ジャンル 書籍 > 歴史

商品の評価

4.5

(2)

2件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

血涙(上) 新楊家将(ようかしょう)の商品説明:

宋建国の英雄・楊業の死から2年。息子たちに再起の秋が訪れる。宋国と、北に位置する遼国は、燕雲十六州の支配をめぐって対立。かの地を手中に収めたい宋の帝は、楊業の息子で楊家の長・六郎に楊家軍再興を命ずる。かつて味方の裏切りに遭い、命を落とした父への思いを胸に秘め、立ち上がる楊家の男たち。六郎は、父が魂を込めて打った「吹毛剣」を佩き、戦場へ向かう。対するのは強権の女王・蕭太后率いる遼国の名将・石幻果。天稟の才を持つこの男は蕭太后の娘婿で、「吸葉剣」という名剣を佩いていた。その石幻果が父とも慕うのが、「白き狼」と怖れられる遼国一の猛将・耶律休哥。楊業を斃した男である。戦場で見えた六郎と石幻果。剣を交えた瞬間、天を呪いたくなるような悲劇が幕を開ける。軍閥・楊一族を描いて第38回吉川英治文学賞に輝いた『楊家将』の続編でありながら新展開。『水滸伝』『楊令伝』に登場する宝刀「吹毛剣」の前史がここにある。

SNS:
レーベル名 PHP文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2009/04/01
ページ数: P384
ISBN番号 9784569671932

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全2巻

よく一緒に購入されている商品
血涙(上) 新楊家将(ようかしょう)
¥600
6PT

  • ¥540
    5PT

チェックした商品をカートへ入れる

合計価格:¥0,000

みんなのレビュー

レビュー数: 2件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
やるせない
hzmさん
投稿日: 2013/03/22

楊家将でバラバラになってしまった楊家の兄弟のその後。 国の為に尽くして尽くして最後に裏切られてしまった楊家ですが、それでも再度の要請で宋に尽くす六郎達の姿に、軍...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった1人

楊家将の続編とのことでしたの読み始めました、前作と同じくとにかく熱い歴史ロマンでした読んだら体が火照る歴史小説でした。 

  1. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ