国を思うて何が悪い~一自由主義者の憤慨録~
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

国を思うて何が悪い~一自由主義者の憤慨録~

通常価格 ¥432(税込)
通常ポイント 4PT
作者 阿川弘之
出版社 光文社
電子版発売日 2012/11/09
ジャンル 書籍 > エッセイ

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • 試し読みにはひかりTVブックアプリが必要です。アプリダウンロードはこちら

国を思うて何が悪い~一自由主義者の憤慨録~の商品説明:

わが国には、国を思うとか、国を愛するとかいう言葉を口にすると、すぐあれは右翼だと言われる傾向がある。いわゆる進歩的文化人たちや大新聞によれば、日本は悪い国で、歴史上、諸外国に顔向けできないようなことばかりしてきたことになる。それは事実なのか? 特定の考えに縛られずに物事の本質を見極め、論より事実で語る日本論。

SNS:
レーベル名 光文社文庫
掲載誌名
紙の本発売日 1993/12/01
ページ数: P226
ISBN番号 9784334725051
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
国を思うて何が悪い~一自由主義者の憤慨録~へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


ポイントbackクーポン 最大3000ポイントGetのチャンス!!