偏愛的作家論
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

偏愛的作家論

通常価格 ¥616(税込)
通常ポイント 6PT
作者 澁澤龍彦
出版社 河出書房新社
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > サブカルチャー

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

偏愛的作家論の商品説明:

小説本来の楽しみとは、スタイルを味わうことにあるとする著者が、石川淳、三島由紀夫、久生十蘭等、二十四人の日本作家へ捧げたオマージュ。乱歩の「玩具とユートピア嗜好」を探るかと思えば、『黒死館殺人事件』への傾倒ぶりを語り、南方熊楠こそ「悦ばしき知恵」の体現者であると自在に筆をすすめていく、本の快楽主義者のための書。

SNS:
レーベル名 河出文庫
掲載誌名
紙の本発売日 1997/07/04
ページ数: P352
ISBN番号 9784309473321
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
偏愛的作家論へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ