水滸伝 十六 馳驟の章
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

水滸伝 十六 馳驟の章

通常価格 ¥463(税込)
通常ポイント 4PT
作者 北方謙三
出版社 集英社
電子版発売日 2015/11/05
ジャンル 書籍 > 歴史

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

水滸伝 十六 馳驟の章の商品説明:

梁山泊は戦によって、潰滅寸前にまで追い込まれていた。回復の時を稼ぐため、侯健(こうけん)と戴宗(たいそう)が偽の講和案を持って開封府に近づく。また、晁蓋(ちょうがい)を殺した史文恭(しぶんきょう)が再び動き出した。名を変え、商人になりすまし、次なる標的のそばで暗殺の機を待ち続けている。それに対し、公孫勝(こうそんしょう)は袁明(えんめい)の首を狙っていた。堅牢な守りをかいくぐり、いま、致死軍が青蓮寺を急襲する。北方水滸、暗闘の十六巻。

SNS:
レーベル名 集英社文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2008/01/18
ページ数: P392
ISBN番号 9784087462517

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全19巻

みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
水滸伝 十六 馳驟の章へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


ひかりTVブック5周年記念第1弾