移行期的乱世の思考 「誰も経験したことがない時代」をどう生きるか
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

移行期的乱世の思考 「誰も経験したことがない時代」をどう生きるか

通常価格 ¥1279(税込)
通常ポイント 12PT
作者 平川克美
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > 社会

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

移行期的乱世の思考 「誰も経験したことがない時代」をどう生きるかの商品説明:

世界は今、「お金とテクノロジー」に支配されきってしまった感がある。そんな中で、著者の省察では、「日本は、誰も経験したことがない時代」に突入した。どういうことかというと、まず、人口が減少を始めた。このことは、経済という観点から見れば、右肩上がりの経済成長は見込めないということを示し、したがって、日本としては、「経済成長のない未来」を考える必要に迫られた。また、その経済成長にともなって運営される筈の、民主主義ということにも、見直しをせざるを得なくなった。さらには、いつになったら解決するのかわからない、「フクシマ」という問題を抱え込んだ。これらはいずれも、「解き難い問題」であり、それを含んだ未来を我々はいかにして肯定的に考えてゆくべきなのか。これまでの著者の問題意識を総覧した、「平川克美への入門書」というべき一冊である。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2012/04/16
ページ数: P288
ISBN番号 9784569803876
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
移行期的乱世の思考 「誰も経験したことがない時代」をどう生きるかへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品30%OFFクーポン(BLも対象)