スウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探る
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

スウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探る

通常価格 ¥650(税込)
通常ポイント 6PT
作者 北岡孝義
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > 社会

商品の評価

4.0

(1)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

スウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探るの商品説明:

スウェーデンは社会保障が進み男女平等が徹底された福祉国家であると讃美するのも、税金が高く社会主義的な国であると批判するのも、一面しか捉えていない。「伝統的な家族」は崩壊してしまっており、母子家庭・父子家庭や片親の違う兄弟も普通のことだ。ボルボやサーブが破綻しても政府は救済しないなど、米国以上に市場原理主義的な国でもある。その特異な社会・経済を理解するためには、国家を支える理念と、それが生まれた背景を知る必要がある。戦後の高度成長期に必要とされた「国民の家」の理念は、H&Mやイケアの企業戦略、年金制度改革などに、どう実践されているのか。スウェーデンは福祉を経済成長にもつなげている。しかし、それを表面的に真似ても、うまくはいかない。この国から学ぶべきは、個々の政策ではなく、政治・制度に対する国民の信頼という無形の社会資本を形成し、担保するしくみだ。日本がとるべき道を示唆する

SNS:
レーベル名 PHP新書
掲載誌名
紙の本発売日 2010/08/03
ページ数: P192
ISBN番号 9784569790220
みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く

北欧といえば高負担高福祉のイメージがありますが、それは徹底した個人主義と市場原理との追求の末に生まれた結論といえます。カオスな世界であるからこそ、福祉と経済が共...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品30%OFFクーポン(BLも対象)