あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで

通常価格 ¥730(税込)
通常ポイント 7PT
作者 大庫直樹
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > ビジネス・経済

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでの商品説明:

金融システムは私たちの経済生活を支えている。しかし、その核となる「銀行」について知られていないことは驚くほど多い。たとえば、「銀行は預金でも貸出でも利益をあげていない」「貸し渋りを受けた中小企業は4%に過ぎない」「ALMという隠れた利益の源がある」といったことである。本書では、メガバンク誕生の歴史や預金・貸出業務の現実から始まり、ALMというしくみ、金融技術、あしたの銀行像までを解説する。そうした銀行に関する正確な知識は、私たちの経済生活の礎となるはずだ。あしたのための「銀行学」を学び、正しい判断力を養える一冊。

SNS:
レーベル名 PHPビジネス新書
掲載誌名
紙の本発売日 2009/07/06
ページ数: P240
ISBN番号 9784569709123
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品30%OFFクーポン(BLも対象)