片目を失って見えてきたもの
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

片目を失って見えてきたもの

通常価格 ¥570(税込)
通常ポイント 5PT
作者 ピーコ
出版社 文藝春秋
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > エッセイ

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる

片目を失って見えてきたものの商品説明:

「私の一日は、朝起きて顔を洗うときに、洗面所の鏡の前で、まず義眼をはずし、目薬をさし、石鹸で義眼をていねいに洗うことからはじまります」医者の宣告により、特殊なガンに侵された左の眼球を摘出し、代わりに生を得る。一卵性双生児のコンビで芸能界にデビューし、辛口ユーモアを武器にした服飾評論で人気を集めていた著者は、その壮絶な体験を経ることで、自分の存在を正面からとらえ、また身近で支えた家族や友人たちの深い愛情を発見する。心の視力がとらえた命の賛歌。

SNS:
レーベル名 文春文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2002/06/10
ページ数: P224
ISBN番号 9784167660406
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
片目を失って見えてきたものへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ