松下幸之助が考えた国のかたち 「無税国家」「収益分配国家」への挑戦
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

松下幸之助が考えた国のかたち 「無税国家」「収益分配国家」への挑戦

通常価格 ¥849(税込)
通常ポイント 8PT
作者 松下政経塾
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > ビジネス・経済

商品の評価

4.0

(1)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

松下幸之助が考えた国のかたち 「無税国家」「収益分配国家」への挑戦の商品説明:

このまま推移していったならば、やがて日本は経済破綻する。個人の経済破綻もさることながら、国家経済が破綻するということであります。(中略)私は私なりに考えておるのです。しかし、そうは申しましても、私はあすで満八十八歳になります。もう声もあまり出ませんし、足ももうひとつ達者でございません。(中略)しかし、こと国家の現状というものを考えてみますとき、この身はどうなってもこのままほうっておいたらいかん、なんとかしなければいかんという気分は、年にかかわらず、まだ私にも湧いてくるのです――昭和57年11月、松下幸之助はこう語った。一人の経営者が持した重税に対する憤りは、憂国の情とあいまって、やがて大きな活動になっていった。その活動にかける想いは、三年前に設立した松下政経塾に集う若者たちに託された。無税国家・収益分配国家という構想の提唱活動にいたるまでの、松下の活動の軌跡を年代順に整理したのが本書である。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2010/03/12
ページ数: P288
ISBN番号 9784569773575
みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く

松下幸之助といえば、かの「水道哲学」が有名です。年代別にまとめられた本書を読むとき、昭和の「物質による幸福」と、平成の「精神による幸福」とのギャップが生じてくる...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ


ひかりTVブック5周年記念第3弾 ひかりTVブック5周年記念第1弾