なぜ<ことば>はウソをつくのか? 理性と直観の哲学バトル!
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

なぜ<ことば>はウソをつくのか? 理性と直観の哲学バトル!

通常価格 ¥650(税込)
通常ポイント 6PT
作者 新野哲也
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > 哲学

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

なぜ<ことば>はウソをつくのか? 理性と直観の哲学バトル!の商品説明:

「赤い雪」や「空とぶ人」ということばはあっても実体はどこにもない。言語にはフィクションがつきまとうのだ。ならば<ことば>への過剰な思い入れを捨て、もっと悠々と快活に生きてみないか。元気や愛、聡明さや性格のよさなど、大事なことは、すべて<ことば>をこえたところからやってくるのだ。本書は、古今東西の思想家たちから、ほんとうに賢く、快活に生きるエッセンスを学ぶ哲学エッセイ34編。「勉強するほど頭が悪くなる」「反省は有害」「理屈っぽい人はしくじる」「なぜオレオレ詐欺にひっかかるのか」「一晩考えたことは後悔する」……。一見、パラドキシカルな見出しが並ぶが、そこには直観力を呼び覚ますヒントが詰まっている。結局、頭のよいひとは、直観で本質をとらえ、<ことば>や<論理>を過信するひとは、堂々めぐりに陥ってつまらないことにこだわる、というメッセージなのである。思考の深みをとびこえ、創造力と行動力が倍増する好著である。

SNS:
レーベル名 PHP新書
掲載誌名
紙の本発売日 2005/06/01
ページ数: P224
ISBN番号 9784569642925
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
なぜ<ことば>はウソをつくのか? 理性と直観の哲学バトル!へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


ひかりTVブック5周年記念第1弾