渋沢栄一 人生意気に感ず “士魂商才”を貫いた明治経済界の巨人
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

渋沢栄一 人生意気に感ず “士魂商才”を貫いた明治経済界の巨人

通常価格 ¥650(税込)
通常ポイント 6PT
作者 童門冬二
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > ビジネス・経済

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

渋沢栄一 人生意気に感ず “士魂商才”を貫いた明治経済界の巨人の商品説明:

もともと攘夷討幕論者だった渋沢栄一が、一橋(徳川)慶喜に仕えることとなり、幕臣となったのは24歳の時であった。働きどころを得て実力を発揮し、その才を認められた彼は、幕末の動乱が風雲急を告げる慶応3年(1867年)、徳川昭武の随員としてフランスに渡る。現地で“提供する側がおごらず、受け手が引け目をまったく感じない公共事業”を目の当たりにし、衝撃を受けた彼は、その後、終生にわたって「人の道と経済利益の両立」を掲げ、事業を展開する。日本初の株式会社制度を導入した静岡商法会所の設立、大蔵省の組織改革、第一国立銀行や五百余の民間企業の起業・育成……。渋沢にとって、私利はすなわち利他(他に利益を還元する)であり、一貫して公益の追求者であり続けた。本書は、経済面から明治日本の近代化を推進し、“日本資本主義の父”と称えられた実業家・渋沢栄一の事蹟を活写した長編小説である。『論語とソロバン』を改題。

SNS:
レーベル名 PHP文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2004/06/18
ページ数: P374
ISBN番号 9784569662077
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
渋沢栄一 人生意気に感ず “士魂商才”を貫いた明治経済界の巨人へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ