「正義」と「憎しみ」の構造 オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!?
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

「正義」と「憎しみ」の構造 オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!?

通常価格 ¥1100(税込)
通常ポイント 11PT
作者 加藤諦三
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > 心理

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

「正義」と「憎しみ」の構造 オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!?の商品説明:

2001年9月11日に勃発した“米国中枢部同時テロ”は、世界に大きな衝撃を与えた。そして、事件発生からつい最近まで、各国のメディアは、総力を挙げて同事件の報道を続けてきた。だが、今日に至るまで、同事件の本質的意味については、何ら解明されていないのではないだろうか? 本書は、こうした問題意識にたった著者が、心理学の専門家として、同事件の首謀者と目されるオサマ・ビンラディンの深層心理にメスを入れることによって、事件の本質に迫ろうとしたしたものである。オサマ・ビンラディンとは一体どんな人物なのか? これは、本書を読んでのお楽しみであるが、その一端を申しあげれば、世界を震撼させた男も、数年前の“オウム事件”や“十七歳の殺人事件”の実行者たちも、あるいは旧くは、“ナチス党員”たちも、心理的にいえば、母なるものを求めてさ迷う淋しい羊たちなのである。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2002/02/20
ページ数: P200
ISBN番号 9784569620152
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
「正義」と「憎しみ」の構造 オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!?へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ