日本語は生き残れるか 経済言語学の視点から
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

日本語は生き残れるか 経済言語学の視点から

通常価格 ¥600(税込)
通常ポイント 6PT
作者 井上史雄
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > 語学

商品の評価

4.0

(1)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

日本語は生き残れるか 経済言語学の視点からの商品説明:

日本語が死語になる? 今、母国語は世界の中でどのような地位にあるのか。また外来語の影響などによって、いかに変化していっているか。インターネットから映画タイトルに至るまで、あらゆる分野で国内に侵入してくる英語。さらに、日本経済の衰退、英語第二公用語論の登場などにより、日本語の地位は脅かされている。一方、敬語と文法、カナ・漢字の使い分けの難しさ……日本語そのものにも国際化を阻む要因は数多い。実際、印欧語などと比べて初級到達に三倍の学習時間がかかるなど、世界に冠たる難解な言語であるというデータもある。このような内外の圧力によって、日本語はこのまま絶滅していくのだろうか。本書では、日本語が置かれている現状報告と他言語との比較による難易度の客観的データを通して、その生き残り策を探っていく。「言語の市場価値」などを扱う「経済言語学」という新たな言語学の視点から、日本語の未来を緻密に考察した一冊。

SNS:
レーベル名 PHP新書
掲載誌名
紙の本発売日 2001/08/30
ページ数: P212
ISBN番号 9784569617275
みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く

言葉は文化であり、言葉を失うということは文化を失うに等しい。世界のグローバル化が進む中で、経済力を持つ言葉と持たない言葉との2者に分かれつつある現状を本書は見事...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品30%OFFクーポン(BLも対象)