監察医が書いた 死体の教科書 「8何の原則」が謎を解く
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

監察医が書いた 死体の教科書 「8何の原則」が謎を解く

通常価格 ¥972(税込)
通常ポイント 9PT
作者 上野正彦
出版社 朝日新聞出版
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > 医学

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

監察医が書いた 死体の教科書 「8何の原則」が謎を解くの商品説明:

死因特定のミスが相次いでいる。なぜ、そういうことが起きるのか。元東京都監察医務院長で何度も逆転鑑定も行っている名監察医が、1・いつ(時間)、2・どこで(場所)、3誰が(犯人)、4・誰と(共犯)、5・何ゆえ(動機)、6・誰に対して(被害者)、7・いかにして(殺害方法)、8・いかにした(結果)など、実際の2万体の検死のときに用いた8何の原則を初めて明かした、死体のすべてがわかる一冊。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2010/09/30
ページ数: P216
ISBN番号 9784022506955
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
監察医が書いた 死体の教科書 「8何の原則」が謎を解くへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


ポイントbackクーポン 最大3000ポイントGetのチャンス!!