戸隠秘宝の砦 第三部 光芒はるか
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

戸隠秘宝の砦 第三部 光芒はるか

通常価格 ¥615(税込)
通常ポイント 6PT
作者 千野隆司
出版社 小学館
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > 歴史

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

戸隠秘宝の砦 第三部 光芒はるかの商品説明:

秀吉の秘宝を巡って、戸隠での最終決戦!長編伝奇小説、ここに完結!

秀吉の遺した秘宝の手がかりを、敦賀の気比神宮にまで捜しに行った近忠だったが、手がかりとなる図面は高嶋屋五郎左衛門に、財宝を開ける際に必要な宝刀は、鼠小僧次郎吉に奪われてしまった。
江戸に戻ってきた近忠は、高嶋屋と小浜藩の内藤主殿たちが、隠し場所の戸隠に出かけるのを知り、仲間たちと追いかけた。前回と同じ、辰次にお絲、亥ノ吉に義兄の欽之丞が加わり、5名での旅立ちだったが、角雲、大けがをした千代吉、それに十蔵と孫娘のお良が後に参加し、9名になった。
川を舟で渡ろうとした一行の行く手に、次郎吉の一味が現れ、お絲を攫っていった。味方と思っていたものが、敵と通じていたのだ。
次郎吉は、戸隠の里に住んでおり、秀吉の秘宝を探しに来た一味からお宝を奪い取ろうとしていた。
果たしてお絲を救い出せるのか。また、三つ巴の戦いの行方は。
秀吉の秘宝は、誰の手に渡るのか。

SNS:
レーベル名 小学館文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2012/04/11
ページ数: P288
ISBN番号 9784094087123

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全3巻

みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
戸隠秘宝の砦 第三部 光芒はるかへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品30%OFFクーポン(BLも対象)