通貨戦国時代 円高が続く本当の理由
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

通貨戦国時代 円高が続く本当の理由

通常価格 ¥540(税込)
通常ポイント 5PT
作者 小口幸伸
出版社 朝日新聞出版
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > ビジネス・経済

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

通貨戦国時代 円高が続く本当の理由の商品説明:

ドル安の流れが止まらず、ユーロ加盟国の財政危機が続く。世界はこれから始まる通貨大戦争を経て、ドル基軸通貨体制の全面組み換えに発展することになる。大きな流れは二つ。人民元をめぐる米中の闘いとリーマンショック後の金融危機の後遺症だ。そしてその流れに「ドル」の先細りが重なる。本書はドル体制が崩れていくプロセスとその後の新体制を予想し、また日本の新たな「成長戦略」も描いていく。

SNS:
レーベル名 朝日新書
掲載誌名
紙の本発売日 2011/07/30
ページ数: P216
ISBN番号 9784022734051
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
通貨戦国時代 円高が続く本当の理由へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ