ミ・ファミリア 悲しいのに笑い、泣きながら踊ったベネズエラの日々
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

ミ・ファミリア 悲しいのに笑い、泣きながら踊ったベネズエラの日々

通常価格 ¥925(税込)
通常ポイント 9PT
作者 漢那朝子
出版社 諏訪書房(ノラ・コミュニケーションズ)
電子版発売日 2012/10/26
ジャンル 書籍 > エッセイ

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

ミ・ファミリア 悲しいのに笑い、泣きながら踊ったベネズエラの日々の商品説明:

悲しいのに笑い、泣きながら踊ったベネズエラの日々――ベネズエラ人彫刻家の夫、その家族、激動する南米の政治と文化の違いに翻弄された日々。そして……。ベネズエラの庶民を迫力あるエピソードで描いた、楽しくてちょっぴり悲しい物語。(以下、解説より)陽気な音楽とともに歌い踊るラテンアメリカの人びとは、このような社会を生きているのである。忘我のダンスの胸中には、絶望と紙一重の思いが秘められているのかもしれない。あえて断言するなら、ラテンアメリカの人びとは「陽気で、明るい」のではない。彼ら・彼女らは、「陽気に、明るく」生きているのだ。その陽気さも明るさも、悲しみや苦しみと表裏一体なのである。苦境のどん底にあっても踊り明かして鬱憤を晴らし、家族の失態をジョークのネタにして解毒し、自分の不遇を笑い飛ばして明日の活力を生み出す……そうした人びとの姿を活写した本書は、ラテンアメリカの文化・社会・政治に関する出色のエスノグラフィ(民族誌)にもなっている。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2010/05/31
ページ数: P314
ISBN番号 9784903948355
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
ミ・ファミリア 悲しいのに笑い、泣きながら踊ったベネズエラの日々へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ