「複眼的思考」ノススメ 調和が必要な変革の時代を迎えて
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

「複眼的思考」ノススメ 調和が必要な変革の時代を迎えて

通常価格 ¥1263(税込)
通常ポイント 12PT
作者 長倉三郎
出版社 くもん出版
電子版発売日 2012/10/26
ジャンル 書籍 > 文芸

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

「複眼的思考」ノススメ 調和が必要な変革の時代を迎えての商品説明:

日本の化学界を牽引してきた偉大な科学者から21世紀を生きる次代への伝言
化学界の第一人者が膨張と拡大の二十世紀を振り返り、変革の時代を迎えた二十一世紀に必要な新しい文明の創生を提言。その際に不可欠な“複眼的視点で見ること”や、“東西文明の融合と調和”に、日本人が果たすべき役割について述べ、私たちへの期待を語る。
次代の日本人には、果たすべき大きな“使命”がある。
東洋には昔から、知足=「足るを知る。満足することを心得、不満を持たずに生きる人は精神的に富んでいる」という価値観があります。拡大を続けるその先に起こるかもしれない人類の悲劇を避けるには、この知足が鍵になるでしょう。拡大と知足という、相対する価値観を複眼的思考でもって調和させ、二十一世紀の文明をつくるのにふさわしいのは、矛盾を容認でき、共生に寛容な東洋的な考え方です。
私たち日本人も東洋の一国として、大きな働きが求められています。民主主義のはき違いで教育に問題を抱えたり、独創性の弱さが指摘されたりしますが、復元力をいう強みを持っています。二十世紀初頭には、学術・文化の面で世界的な活躍が多々見られた歴史もあります。この二十一世紀に再び、気力に満ちた時代を築き、調和の文明を創生するリーダーとなる使命が日本人にはあるのです。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2011/11/01
ページ数: P208
ISBN番号 9784774320120
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
「複眼的思考」ノススメ 調和が必要な変革の時代を迎えてへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品30%OFFクーポン(BLも対象)