メディア時代の子どもと保育 求められる遊び経験と保育者の専門性
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

メディア時代の子どもと保育 求められる遊び経験と保育者の専門性

通常価格 ¥907(税込)
通常ポイント 9PT
作者 小林紀子
出版社 フレーベル館
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > 教育

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

メディア時代の子どもと保育 求められる遊び経験と保育者の専門性の商品説明:

21世紀に生きる私たちは、様々なメディアに囲まれ、間接的でバーチャルな経験が増大する一方、生活から身体を通した直接体験が減少しています。それは、子どもたちも同様で、生身の身体を通した遊びの経験が次第に遠いものになっています。本書では、メディア時代の子どもに生身の身体を通した遊び経験の復権を願い、「求められる遊び経験」とは何かについて、(1)生身の身体を通した遊びの重要性、(2)子ども自ら環境とかかわり遊びを生み出す過程の意義、(3)現実と虚構を往還することの意義、(4)経験の共有とストーリー生成、などの側面から論じます。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2006/04/03
ページ数: P160
ISBN番号 9784577803042
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
メディア時代の子どもと保育 求められる遊び経験と保育者の専門性へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ