千代田図書館とは何か 新しい公共空間の形成
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

千代田図書館とは何か 新しい公共空間の形成

通常価格 ¥1026(税込)
通常ポイント 10PT
作者 柳与志夫
出版社 ポット出版
電子版発売日 2012/10/26
ジャンル 書籍 > 学術書

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

千代田図書館とは何か 新しい公共空間の形成の商品説明:

12月31日まで開館してみた。でも結果は……?

平日夜10時まで開館、古書店との連携、新書マップ、コンシェルジュ──。
2007年、「これまでにない図書館」としてリニューアルし、Library of the Year 2008大賞、「日本で一番売れるサービス50」(『週刊東洋経済』2007年8月11/18合併号)に選ばれた千代田図書館。
国会図書館から出向し、3社の指定管理者の共同事業体による改革を主導した元館長が目指した、トライ&エラーの記録。

図書館だから果たすことができる、文化・情報政策の中の役割とは何か。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2010/03/03
ページ数: P200
ISBN番号 9784780801422
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
千代田図書館とは何か 新しい公共空間の形成へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品30%OFFクーポン(BLも対象)